アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL スワッピング フェラ レイプ 不倫 乱交 複数人 人妻 寝取られ 巨乳 巨尻 淫乱 熟女 異物挿入 義母 輪姦 近親相姦

忘年会帰りに襲われて拉致された人妻

更新日:

年頃の娘には気を付けていました。女子大生となっても門限を厳しく決め、

夜遅くなる時は歩いて10分もかからぬ駅まで、車で迎えに行っています。

でもまさか40歳を過ぎた嫁にあんなことが起こるなんて。長身でやせ型の嫁は、比較的若く見える。

嫁は長女と一緒に買い物に行くと、百貨店の店員などからは、

お追従で姉妹に見えますねなんて言われて喜んでいた。

また手足が長いことから、若い頃からミニスカートが好きで、

今から思えば年齢の割には短めのスカートを着ていたとは思う。

でも、だからといって、その時は想像もしていなかった。

その日は今夜はテニス教室の忘年会だから遅くなると、嫁からそう聞いていた。

35歳を過ぎた頃からだろうか、嫁はテニス始め、教室で随分友人も出来て、

楽しくなって10年近く通っている。

私と結婚して見知らぬ土地に住む嫁に、テニス教室を通じて友人が出来るのは良いことだと、

微笑ましく感じていた私は、無論それを快諾した。

だから、その日私が会社から早めに帰宅し、長男と一緒に外食した。

長女は友人と外で済ましてくるというから、少しばかり小遣いをやった。

私と長男が外食から戻ったのが22時頃。嫁はまだ帰っていなかった。

その時点では2次会に行っているのだろうと思い、風呂を沸かして長男に入らせた。

22時50分頃、友人と外食した長女が門限ギリギリに帰ってくるとメールがあった。

それを予測して酒を控えていた私は、車で駅まで長女を迎えに行った。

長女を連れて自宅に戻ったのが23時。まだ嫁は帰って来ない。

お母さん、遅いね。先にお風呂入るね。

そう言いつつ、風呂に向かう長女を見送りながら、私は少しばかり気になりだした。

基本的に普通の専業主婦である嫁は、飲み会といっても23時までに帰ってくることが多かった。

帰り遅くなるようだったら迎えに行こうか?

ラインを送ってみる。暫く画面を眺めているが、既読にさえならない。

すまん、お風呂入ろうか迷っています。何時ごろになる?

23時30分に再びラインを送る。これまた既読にならない。

私は少しばかり心配になるとともに、いら立ちを隠せなくなってきた。

台所でテレビを見ながら、徐々に表情が険しくなる私に気が付いた長男と長女は、

夫婦喧嘩の巻き添えを恐れて自室へと退散した。そう、その時点ではそう言う問題だったのだ。

事態が激変したのは、深夜0時30分頃だった。イライラが限界に達した私は、嫁のスマホに電話を掛けた。

呼び出しを無視され、留守電になる度に繰り返ししつこく電話すると、

5度目くらいで唐突に繋がった。もしもし、連絡くらいくれたっていいだろう。

怒ってそう言う私。しかし、様子が変だ。何だか電話の向こうが騒がしい。

嫌よ、もうヤメテ頂戴、中では出さないで、ヤメテ、抜いて、ダメ、ダメ、アアアア。

私は青ざめた。それは嫁の声だった。おい、今どこに居てるんだ。おい大丈夫か。

叫ぶようにそう言う私。その間も受話器からは嫁の悲鳴が聞こえてくる。

お願い、もう満足でしょ、そんなに何人も無理よ。嫌、嫌、アッ、アアアア。

電話なので声しか聞こえないが、嫁が何をされているのかは明らかだった。

嫁は複数の男に襲われ、輪姦されているのだ。

やがて言葉を失い呆然とする私を置き去りに、唐突に電話が切れた。

迷う私。嫁の無事を祈りつつも世間体も気になった。

迷いながら行動を起こせないまま、虚しく15分ほど過ぎた頃、

嫁のスマホからラインが送られてきた。ごちそうさまでした

そのメッセージの後に送られてきた画像を見て、私は泣き出してしまいました。

車の中だろうか、ほぼ全裸でぐったりと横たわる嫁の姿。

細く長い両足はほぼ90度広げられ、黒い陰毛に白い精液がこびり付いている。

画像はそれだけではなかった。

顔がアップになった画像では、嫁の髪や唇からも白濁した精液が流れ出しており、

乳房をアップで写した画像の白い肌には、無数のキスマークが付いていた。

凌辱された嫁の画像の最後に、メッセージが。

旦那さん。これから〇〇公園に捨てに行くから、迎えに来てね。

冬だし、奥さん凍死しちゃうよ。怒りと屈辱に震えながら、私は慌てて指定された公園に車でむかった。

犯人たちの予告通り、公園には、ほぼ全裸の嫁が震えながら座り込んでいた。

私は車に積んであった毛布で嫁を包み、自宅へと連れて帰った。

私は嫁を自宅に連れて帰ると、取り合えず風呂に入れ、身体を洗ってやった。

風呂に入って少し落ち着いたのでしょう、泣きながら語り始める嫁。

忘年会を終え、帰ろうと自転車で走っている時、

通りかかったワンボックスカーに、無理やり連れ込まれたこと。

車内には5~6人の男たちが乗っており、揉みくちゃにされながら、

そして全員に犯された。何度も、何度も。

その日はそのまま眠り、翌日警察に行きました。

なぜすぐ来ないのかとなじられたが、私には言葉はなかった。

私もその時点では酷いショック状態だったと思う。

紹介された産婦人科でアフターピルを処方され、妻は幸い妊娠はしなかった。

子どもたちは何も気が付かないように振舞い、嫁も気丈に生活している。

私はというと、少し落ち込んでいる。嫁とはもう随分セックスレスでしたが、

やっぱり悔しいものですね。嫁を迎えに行かなかったことを、ずっと後悔しています。

すまん、お風呂入ろうか迷っています。何時ごろになる?

23時30分に再びラインを送る。これまた既読にならない。

私は少しばかり心配になるとともに、いら立ちを隠せなくなってきた。

台所でテレビを見ながら、徐々に表情が険しくなる私に気が付いた長男と長女は、

夫婦喧嘩の巻き添えを恐れて自室へと退散した。

そう、その時点ではそう言う問題だったのだ。

事態が激変したのは、深夜0時30分頃だった。

イライラが限界に達した私は、嫁のスマホに電話を掛けた。

呼び出しを無視され、留守電になる度に繰り返ししつこく電話すると、

5度目くらいで唐突に繋がった。もしもし、連絡くらいくれたっていいだろう。

怒ってそう言う私。しかし、様子が変だ。何だか電話の向こうが騒がしい。

嫌よ、もうヤメテ頂戴、中では出さないで、ヤメテ、抜いて、ダメ、ダメ、アアアア。

私は青ざめた。それは嫁の声だった。おい、今どこに居てるんだ。おい大丈夫か。

叫ぶようにそう言う私。その間も受話器からは嫁の悲鳴が聞こえてくる。

お願い、もう満足でしょ、そんなに何人も無理よ。嫌、嫌、アッ、アアアア。

電話なので声しか聞こえないが、嫁が何をされているのかは明らかだった。

嫁は複数の男に襲われ、輪姦されているのだ。

やがて言葉を失い呆然とする私を置き去りに、唐突に電話が切れた。

迷う私。嫁の無事を祈りつつも世間体も気になった。

迷いながら行動を起こせないまま、虚しく15分ほど過ぎた頃、嫁のスマホからラインが送られてきた。

ごちそうさまでした、そのメッセージの後に送られてきた画像を見て、私は泣き出してしまいました。

車の中だろうか、ほぼ全裸でぐったりと横たわる嫁の姿。

細く長い両足はほぼ90度広げられ、黒い陰毛に白い精液がこびり付いている。

画像はそれだけではなかった。

顔がアップになった画像では、嫁の髪や唇からも白濁した精液が流れ出しており、

乳房をアップで写した画像の白い肌には、無数のキスマークが付いていた。

凌辱された嫁の画像の最後に、メッセージが。

旦那さん。これから〇〇公園に捨てに行くから、迎えに来てね。

冬だし、奥さん凍死しちゃうよ。

怒りと屈辱に震えながら、私は慌てて指定された公園に車でむかった。

犯人たちの予告通り、公園には、ほぼ全裸の嫁が震えながら座り込んでいた。

私は車に積んであった毛布で嫁を包み、自宅へと連れて帰った。

私は嫁を自宅に連れて帰ると、取り合えず風呂に入れ、身体を洗ってやった。

風呂に入って少し落ち着いたのでしょう、泣きながら語り始める嫁。

忘年会を終え、帰ろうと自転車で走っている時、

通りかかったワンボックスカーに、無理やり連れ込まれたこと。

車内には5~6人の男たちが乗っており、揉みくちゃにされながら、

そして全員に犯された。何度も、何度も。その日はそのまま眠り、翌日警察に行きました。

なぜすぐ来ないのかとなじられたが、私には言葉はなかった。

私もその時点では酷いショック状態だったと思う。産婦人科でアフターピルを処方され、

妻は幸い妊娠はしなかった。子どもたちは何も気が付かないように振舞い、

嫁も気丈に生活している。私はというと、少し落ち込んでいる。

嫁とはもう随分セックスレスでしたが、やっぱり悔しいものですね。

嫁を迎えに行かなかったことを、ずっと後悔しています。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, スワッピング, フェラ, レイプ, 不倫, 乱交 複数人, 人妻, 寝取られ, 巨乳, 巨尻, 淫乱, 熟女, 異物挿入, 義母, 輪姦, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.