アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL スワッピング フェラ レイプ 不倫 乱交 複数人 人妻 寝取られ 巨乳 巨尻 淫乱 熟女 異物挿入 義母 輪姦 近親相姦

八重山諸島石垣島、常夏の島で起きたセックス

更新日:

当時まだ大学生だった私は、お金は無かったんだけどとにかく石垣島に行ってみたくって、

10月という価格の安いシーズンオフを狙って石垣島に出掛けました。

こじんまりとしたゲストハウスに泊ったんだけど、とっても空いてて、

私達以外は、幼稚園ぐらいの子どもを連れた一組の家族連れだけでした。

夜になると50代位のオーナーさんから、リビングで皆で飲もうと誘われました。

彼が行きたいって言ったのでリビングに行ってみると、

私たちだけでなく、家族連れの奥さんと旦那さんに、

20代のオーナーの息子さんと現地の常連さんっぽい中年の男性も2人いらしてました。

最初は楽しく飲んでいました。女性は私と家族連れの奥さんだけだったので、

いつの間にか2人で固まってお話しをしていました。

ご家族は大阪から来たそうで、少し年の離れた40代のご主人と

30歳の奥さん、そして4歳の息子さんの3人家族。

アルバイトとして働いていたカフェで、ご主人に見染められて結婚したという奥さんは、

八重歯を見せて笑う華奢で可愛らしい女性でした。

飲み会が始まって1時間ほどしたころ、大きな怒鳴り声とともに、

お皿の割れる音が周囲に響きました。

そちらに目を向けると、家族連れのご主人が常連の男性の胸倉を掴んでいます。

お前ふざけるなよ、だからナイチャーは何もわかってない。

何だか分からないですが、2人とも相当酔っている様子です。

私の彼は決して喧嘩が強いというタイプではありませんから、

ご主人に隣に座って、あっけに取られています。

オーナーは慌てて立上り、2人の間に入って止めようとしていました。

しかし興奮したご主人が常連さんに殴りかかり、

そして、その拳は止めに入ったオーナーのほほを捉えてしまいました。

オーナーが崩れ落ちると、オーナーの息子さんを含む3人の現地の男性が激怒しました。

彼らは家族連れのご主人を取り囲むと、3人がかりで殴る蹴る暴行を加え始めました。

威勢の良かったご主人も、3人がかりではどうしようもありません。

すぐに鼻血を流しながらうずくまってしまいました。

やめてください。

ご主人を助けようと立ち上がった奥さん腕を、最初にもめ始めた現地の中年男性が掴みました。

このナイチャーの女、やっちまおうか。ああ、いいんじゃないか。

男たちは小柄な奥さんを羽交い絞めにして、前後から挟みこむと、

奥さんが着ていたマキシワンピースの肩紐を強引に抜き取ると、

ストラップレスのブラジャーを剥ぎ取り、奥さんの乳房に吸い付きました。

嫌、やめて、何するんですか。

そういって、奥さんは抵抗しましたが、2人の男たちに押し倒され、

両足を抱え上げられると、先ほどの中年男性に挿入されてしまいました。

異様な空気がその場を包んでいました。

殴られ気を失って倒れている、オーナーとご主人。

2人の中年男性に輪姦される奥さん。

私と彼は、ただ震えながらそれを眺めていることしかできませんでした。

ふとその時、私は自分に向けられる視線を感じ、そちらに目を向けました。

そこにはオーナーの息子さんが、血走った目で私を見下ろしていました。

お前は俺の相手をしろ、何をするんですか

彼がそう言って止めようとした瞬間、息子さんに殴られ、彼は吹っ飛んでしまいました。

息子さんは、泣き叫ぶ私を畳のうえに押し倒すと、私のジャージを剥ぎ取りました。

お風呂後だったので私はノーブラでした。

彼がいつも褒めてくれる私のDカップの胸を見た息子さんは、

歓声をあげて私の胸にしゃぶりつきました。

やだ、助けて、私たち関係ないじゃない。いやだ

私は無我夢中で抵抗し、泣き叫びました。

しかし、私の身体を唯一守っていたショーツも引き裂かれてしまい、

全裸にされて、ズボンとパンツを脱ぎ捨てた息子さんに組み敷かれてしまいました。

固くなった息子さんのちんちんが、私の太ももに触れながら、

私の膣を探すように這い上がってきます。〇〇君、助けて私犯されちゃう。

私は必死に叫びましたが、今や息子さんのペニスが、

私の膣を割ろうと私の股間をぐいぐい押してきました。

乾ききった私の性器が男性のものを簡単に受け入れる訳もなく、

しばらく息子さんは苦戦していました。

しかし、私の性器を指で探っていた息子さんは、

ペニスに手をそえて狙いをつけると、ついに私の性器を貫きました。

痛い、痛い、無理だから。そう言って泣く私に、腰を打ち付ける息子さん。

気持ち良い、やっぱ、ナイチの女犯すのは最高だ。

息子さんは私を犯しながら、あごを掴んで無理やりキスしてきました。

うう、ううう、おおおおおお。

男の雄叫びに目を向けると、2人目の男が奥さんの中で果てたようでした。

もうすでに1人目の男にも中で出されてしまったのでしょう。

奥さんは、涙を流しながら放心状態で男の精子を受け入れていました。

そして、その側には、可哀そうな彼とご主人が血を流し縛り上げられて転がされています。

ああ気持ちいい、中で出しちゃうからね

そう言いながら、だんだん動きが激しくなる息子さん。

このまま、私もマワされちゃうのかしら、でも中は絶対嫌だ。

絶望的な気持ちでそう思った時でした。お前は何をしているだ。

そんな大きな声とともに、突然息子さんが私の身体から離れました。

見上げると意識を取り戻したオーナーが、息子さんを私から引きはがし、

何度も平て打ちで叩いていました。

解放された私は、とにかく彼の方に駆け寄ると、彼を縛っていた紐をほどきました。

そして私は彼とともにリビングから逃げ出すと、自分の客室に鍵をかけ、

翌朝まで震えながら彼と抱き合っていました。

翌朝、ノックの音に恐る恐る顔を出すと、オーナーと息子さんが

土下座で待っていました。オーナーは私に300万の現金を渡すと、

許して欲しいと言って何度も土下座を繰り返しました。

もともと訴える気の無かった私は、ただお金を受け取りました。

あれからも彼とは続いています。

中では出されなかったものの、彼以外のものに貫かれた私を、

彼は怒るどころか「守れなくてごめんね」とそう言って、

何度も謝ってくれました。

あの日のご家族連れがどうなったかを私は知りません。

八重歯の可愛い奥さんと、まだ幼稚園児のお子さんが、

無事であることを祈っています

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, スワッピング, フェラ, レイプ, 不倫, 乱交 複数人, 人妻, 寝取られ, 巨乳, 巨尻, 淫乱, 熟女, 異物挿入, 義母, 輪姦, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.