アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL スワッピング フェラ レイプ 不倫 乱交 複数人 人妻 寝取られ 巨乳 巨尻 淫乱 熟女 異物挿入 義母 輪姦 近親相姦

人妻の悪夢主人の目の前で抱かれて感じてしまった人妻

更新日:

下心スッポンポンのまる見エズラ
宴会などの盛り上がって来た時に歌う替え歌【そして神戸】
1、交尾入れてどうなるのか 早郎の我が身がミジメになるだけ
 交尾割れ目を広げ 穴の中に入れて 気持ち良くなる 
 そして5秒で終わり そして文句を言われ 誰か上手い長続きする
 相手さがすのよ

2、交尾 済んで帰る人か 傷ついた心が 見にくくなるだけ
 交尾 無理に2回戦目 気持ち振るい立たせ リベンジに燃える
 そして2秒で終わり そしてため息つかれ 誰かうまく 腰を使う
 相手さがすのよ 

3、赤ひげ薬局で長続きする塗り薬さがすのよ

私は妻と結婚したのは28歳の時でした。妻とは同級生で

同窓会で再会し、お互い独身で、運命的なものを感じました。

少し自慢になってしまいますが、妻は高校生の頃から才色兼備な女性でした。

成績は学年でトップクラス。さらには生徒会で書記を務めていました。

能力、意欲、ともに人並以上でした。

更に、妻は高校時代からその容姿も目立っていました。

瞳が大きくはっきりした顔立ちの面長な美人で、

身長は155センチ位と普通ですが、細身ながら胸はDカップ。

体形が良く分かる服装をされると、つい胸に眼が行ってしまうタイプでした。

しかし、美人で頭が良く小さい時からちやほやされ続けたためか、

彼女は絵にかいたような女王様キャラでした。

高校時代も誰か特定の恋人がいるというよりは、

寄ってくる男子をアゴで使うといった感じでした。

それは社会人になってからも、変わらずで、上昇志向が強く優秀なことから、

上には受けが良いが、同僚や後輩からは嫌われるタイプだったようで、

結果、出世はしたが28歳になっても浮いた話がなく独身だったのです。

でもの高校の同級生というのは、やっぱり違うのです。

私はまあ色々あってバツイチだったんですけど、

交際を始めてみて、彼女の少し身勝手な部分も許せましたし、

彼女も、私には弱い部分だとか、可愛らしい部分とは、

他の人に見せるのとは違う顔を見せてくれました。

そんなこんなで約1年半の恋愛期間を経て、私たちは28歳で結婚しました。

独身貴族だった2人でしたので、新居にはお金をかけました。

私たちは都内で高層マンションを購入し、新婚生活を始めました。

一部上場企業の部長である妻は、公務員の私より高収入で忙しく、

ですから、夕食の準備は基本的に私の仕事です。

いつも私がマンションに先に帰り、夕食の用意をして妻を待つ、

それが基本的なパターンなのです。

その事件が起こった日、私は少し酔っていました。

金曜日で同僚に誘われ、焼酎をロックでグラス3杯程度ひっかて帰ったのです。

少し遅くなったので、私は、自宅近くのスーパーで2人分の惣菜を買い込み、

妻の帰宅予定時刻の10分前に、慌ててマンションに帰りました。

私がマンションのドアのロックを解除した時でした、

背中に激しい衝撃を感じた私は、室内の通路に倒れて悶絶しました。

見上げるとスタンガンを持った覆面姿の男が立っていました。

男は私を粘着テープで素早く縛り上げて猿轡を噛ませると、

スーツの衿を掴んで室内へと引きずっていきました。

しまった、どうしよう、もうすぐ妻も帰ってきてしまう。

私の財布を奪い、現金を抜き取る男を見上げながら、

私は自分のうかつさを呪いました。

つけられた私はうかつにも、強盗を自室へと招き入れてしまったのです。

やがて玄関の鍵を開ける音が聞こえました。妻が帰ってきたのです。

素早く玄関へと向かう男。猿轡をされた私は声すら出せません。

玄関から妻の小さな悲鳴が聞こえると、次の瞬間には私と同じく粘着テープで縛られた妻が、

室内へと引きずられてくると、私の隣に転がされました。

私たち2人を拘束したことに少し安心したのか、男は少し大胆になり、

妻からも財布を奪い現金を抜き取ると、

部屋の電気を点けると、金目の物を探して、そこらじゅうを物色し始めました。

不安そうに私を見る妻。私は妻に近づくと、安心させるよう寄り添いました。

30分以上そうしていたでしょうか、

私たちがいるリビング以外の部屋も荒らしまわり、

見つけた金目のものを持ってきたカバンに詰め込んだ男は、

私たちのところに戻ってきました。

男は私たち夫婦を黙って見下ろしています。

私は男を見上げ、そしてあることに気が付きました。

男が見下ろしているのは、私たち夫婦ではなく、妻ひとりでした。

男はスーツ姿の妻の、少し乱れたスカートの中から伸びる足や、

ブラウスを押し上げる胸を舐めまわすように眺めていました。

男の妻に対する欲望に気が付いた私は、妻に覆いかぶさろうとしましたが、

男は私を蹴り飛ばすと、細身の妻を軽々と抱き上げ、

リビングの奥の部屋へと妻を連れて行きました。

男がむかったのは、私たち夫婦の寝室でした。

そこには結婚に際して購入したダブルベットがあり、

そのダブルベットは私たち夫婦が肌を合せるべき場所でした。

私は妻を助けようと尺取り虫のように這って、男を追いかけました。

しかし、それは私を更に不幸にしただけでした。

私が大汗をかきながら寝室にたどり着いた時には、

涙を流し必死に首を振って逃れようとする妻を、

男は私たちのベットで襲っていました。

妻のブラウスの前を引き裂き、ブラジャーを押し上げると、

男は妻のボリュームのある乳房を美味しそうに嘗め回しました。

妻の白い肌が男の唾液で汚され、ねっとりと光っています。

煌々と明るい照明が照らす寝室で、

妻の着衣が次々と奪われて行きました。

縛られたままスカートをはぎ取られると、ストッキングに包まれた、

妻の形の良い下半身がむき出しにされました。

男は妻の足首を縛っていた粘着テープを剥がすと、

妻の股を無理やり開き、ストッキングのクロッチ部分に指を入れて、

左右に強引に引き裂きました。

ストッキングを引き裂かれた妻の膣を守るものは、もうショーツ1枚だけ。

そして男はいとも簡単にピンク色の妻のショーツをずらすと、

現れた陰毛をかき分け、妻の膣に舌を這わしています。

男に蹂躙される妻を、呆然と眺める私に、泣きながら何度も首を振る妻。

お互い猿轡を噛まされ、意思を伝えあうこともできません。

やがて男は中腰になり、自分のズボンとパンツを膝まで降ろしました。

そしてそこには、男性の私から見ても少し驚くような、大きなものがそそり立っていました。

「ウゥーー、ウゥーー―」

そう言って後ろ手に縛られながらも必死にもがく妻を引き寄せると、

男は妻の股間をその大きなもので貫きました。

その瞬間、妻の瞳が一瞬大きく見開かれ、やがて力なく遠くを見るような目になりました。

男は、妻の身体を抱きしめ、激しく妻の身体を突き上げました。

男に激しく突かれ揺れる妻の身体。私の自慢の妻のおっぱいが、ゆさゆさと激しく揺れています。

抵抗することが出来ない妻は、ただ目をつぶり、自分の肉体に向けられた激しい欲望を、

身体で受け入れ、耐えることしかできません。

男はやがてひと際激しく妻の股間に腰を打ち付け、

そして、そのまま私の妻の膣内に射精しました。

私の妻は、私の目の前で、私以外の男の精液をその膣の奥深くに流し込まれたのです。

犯されたショックで人形のようになってしまった妻の全身の粘着テープをとると、

男は妻のスーツや下着を全て剥ぎ取り、妻を全裸にしました。

そして男は自分も全裸になると、今度は妻と連れてバスルームへと入っていきました。

芋虫のように転がるだけで、どうしようもない私は、バスルームの前まで這って行くと、

中の音に聞き耳を立てました。

流れ出るシャワーの音、そして男女の話し声が続きました。

お願い、もう許して頂戴。もう満足でしょ。

おばさんだけど上玉だなお前。悪いが俺はまだ満足していない。

アッアッ、だめ、そんなところを刺激しないで。

おまえ、犯されながら感じてたろ。ここには旦那はいない。さあ楽しもうぜ。

アア、そんなこと、アッア、ないから。やめてよ、お願いだから、そんな大きいの入れないで。ウッ。

私は妻のその言葉を聞き、屈辱にまみれました。

男のものは私のものより確かに大きく、そして、妻もそれを肉体で感じ取っていたのです。

それは事実なのでしょう。しかし、だからこそ知りたくないことでした。

スケベな女なんだよお前は。旦那のより気持ちが良いって素直に言えよ。

アアアアア、そんなこと、アアアアア、ないの。あなた助けて。私、アッ、壊れちゃう。

壊してやるよ、もっと尻を突き出せ。

直後、風呂場から妻の甲高い嬌声が響きました。

妻の中で何かが壊れたのでしょう。

後は完全に感じている女の声でした。

私は泣きながら、その声を聞き続けていました。

バスルームから出てきた男は、私には目もくれずに逃げ去りました。

それから10分ほどして全裸でバスルームから出てきた妻は、

私の粘着テープを剥がすと、そのまま泣き崩れました。

私は妻を抱き上げると、もう一度バスルームに連れて行き、

妻の身体を洗ってあげました。

膣から流れ出て妻の股間を汚す男の精液を洗いながら、

私は妻には見えないようにもう一度泣きました。

ショックでしばらく仕事も休んでしまった妻ですが、最近少し落ち着きました。

警察には言っていません。金銭的な被害は大したこと無かったですし、

妻がそれを嫌がったからです。

こんな情けない男ですが、私は妻を愛しています。

今までも、これからも。

こんな情けない男ですが、私は妻を愛しています。

今までも、これからも。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, スワッピング, フェラ, レイプ, 不倫, 乱交 複数人, 人妻, 寝取られ, 巨乳, 巨尻, 淫乱, 熟女, 異物挿入, 義母, 輪姦, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.