アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL スワッピング フェラ レイプ 不倫 乱交 複数人 人妻 寝取られ 巨乳 巨尻 淫乱 熟女 異物挿入 義母 輪姦 近親相姦

若妻侵入者に犯されてされてしまった若妻

更新日:

宴会などの盛り上がって来た時に歌う替え歌【そして神戸】
1、交尾入れてどうなるのか 早郎の我が身がミジメになるだけ
 交尾割れ目を広げ 穴の中に入れて 気持ち良くなる 
 そして5秒で終わり そして文句を言われ 誰か上手い長続きする
 相手さがすのよ

2、交尾 済んで帰る人か 傷ついた心が 見にくくなるだけ
 交尾 無理に2回戦目 気持ち振るい立たせ リベンジに燃える
 そして2秒で終わり そしてため息つかれ 誰かうまく 腰を使う
 相手さがすのよ 

3赤ひげ薬局で長続きする塗り薬さがすのよ

私は23歳で現在の主人と結婚し、25歳で長女を出産して以降、

娘2人と息子1人の3人の子育てに奔走してきました。

しかし昨年高校を卒業した長女は、東京の大学に入学し独り暮らしを始め、

末っ子の長男は県外にある全寮制の私立中学に入学しました。

その結果、自宅で生活しているのは高校生の次女だけとなりました。

そんな状態だったので、まだまだ心配事は尽きませんが、

私の子育ても少し一段落ついたかなと思える状態になりました。

子育てを始めた頃若かった私も、気が付けば43歳となりました。

5歳年上の主人は開業医で、2代続く診療所を経営していますので、

私も受付に立ち続けていますので、こぎれいにしているよう努力はしています。

化粧は当たり前ですし、毎日ウォーキングをしたり、エステにも通っています。

しかし、いつしかアゴや腹回りは弛み、胸もたれ、

若くピチピチしている娘たちを見るに、老いには勝てないなと 日々そう思っていました。

ですから40を過ぎた私が、あんな経験をするなんて、 考えてもいなかったのです。

夜中、私は息苦しさに目を覚ましました。

そして、驚き悲鳴をあげました。

ベットに横たわる私の上に見知らぬ若い男性が馬乗りになっており、

更に男の手には大きなナイフが握られていたのです。

助けを求めて隣のベットに寝ているはずの主人の方を見て、私は更に氷つきました。

ベットで寝ているはずの主人は猿轡を噛まされ、後ろ手に縛られて、

床のうえで芋虫のようにもがいているではないですか。

そして、それだけではありませんでした。

主人が寝ているはずのベットには自室から連れ出されたのであろう次女が、

両手両足を大の字に広げさせられ、ベットの足にロープで縛り上げられていました。

部屋を見回すと、そこには5人の男たちがいました。

「旦那や娘もろとも殺されたくなければ大人しくしてろ。」

私に馬乗りになっていた男はそう言うと、

震える私の手足も大の字に開くとベットの足に縛り付けました。

「おい、この写真に写っている、もう一人の娘はどこへ行った。」

ベットサイドに置いてあった家族写真を指差して、別の男が私に言いました。

「長女は、東京で下宿しています。」

真面目に答える必要などなかったのですが、恐怖から動揺した私は、

詰問する男にそう答えました。

私のその言葉に、舌打ちし、落胆する男。

「まぁ、良いだろ、ババァも結構、美魔女じゃないか」

「そうだな」

「いやー、何するの、お父さん、お母さん。やだ」

寝室に激しい娘の悲鳴が響き渡りました。

見ると、男のひとりが、娘のパジャマをナイフで引き裂き、

むき出しになった次女の乳房にしゃぶりつきました。

17歳高校2年生の染みひとつない娘の白い肌を、男の唾液に汚されています。

「やめなさい」

そう言う私のアゴをいきなり掴むと、

馬乗りになっていた男が 私の唇を強引に吸い付きました。

驚く私の口の中に、男の舌が侵入し、 男の唾液が私の口の中に大量に流し込まれました。

「お母さんも女にしてあげるよ。」

「やめて、やめなさい」

そう言う私のパジャマを引き裂き、ショーツをはぎ取る男。

明るい部屋の中で、ベットに縛り付けられ、

5人の見知らぬ男たちの目の前で裸にされる私と次女。

必死に悲鳴をあげますが、防音設備の整った夫婦の寝室に、

私たちの悲鳴は閉じ込められ、頼りの主人も縛り上げられていたので、

私たち親子はただ、若い男たちの思いのままにされてしましました。

「痛い、痛い、痛い、気持ち悪い、こんなのやだ。」

次女は多分まだ男を知りません。その次女の身体のうえで男が腰を振っています。

「お願い、私で我慢して。娘はやめてあげて。」

私も別の男に挿入され、守り続けてきた主人への貞操を奪われながら、

虚しく処女を奪われる次女が可哀そうで、私は哀願し続けました。

そんな私をあざ笑い、5人の若い男たちは明け方まで、

私たち親子を犯し続けました。

3人目の男に挿入された頃から、私は記憶があまりありません。

貞淑な妻として生きてきた私にとって、

まるで娼婦のように、 同時に何人もの男に輪姦されることは、

耐えることのできない体験でした。

ですから、記憶は無いのですが、 私も次女も、

5人全員の精液を膣内に注ぎ込まれたことは間違いないと思います。

まだ若く美しい次女は悲惨でした。

男のひとりが余程気に入ったのでしょう、

朝になり別の男たちが帰り支度をしながら金目の物を物色する間も、

輪姦されたショックから、まな板の上の魚のように無抵抗になった次女の股間を、

激しく突き続けていました。

その男が次女に何度目かの膣内射精を行った後、

男たちは我が家から立ち去っていきました。

可哀そうな次女は、あの日以来フラッシュバックに苦しみ、入院してしまいました。

私も少なからぬショックを受けましたが、娘の看病に夢中になることで、

何とか気持ちをつないでいます。

恐らく、それは妻と娘を目の前で犯された主人も同じだったと思います。

次女には可哀そうですが、長女が上京していたことは不幸中の幸いでした。

次女が普通の恋愛をできる日が来るのかと、それが不安でなりません。

あの事件があってから、我が家にも慌ててセキュリティーを付けました。

こんなことなら早くしておけば、そう思うと後悔が尽きません。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, スワッピング, フェラ, レイプ, 不倫, 乱交 複数人, 人妻, 寝取られ, 巨乳, 巨尻, 淫乱, 熟女, 異物挿入, 義母, 輪姦, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.