アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL スワッピング フェラ レイプ 不倫 乱交 複数人 人妻 寝取られ 巨乳 巨尻 淫乱 熟女 異物挿入 義母 輪姦 近親相姦

女教師乱れた放課後、小使いのオジサンに抱かれる美人女教師

更新日:

宴会などで盛り上がって来た時に歌う替え歌【青春時代】
しなきゃダメ~ダメ、ダメ良いじゃないの
1、付き合いだして3日目で チョメチョメしようと言われても 上手か下手かも
 分からない 入れてみなけりゃ分からない チョメチョメするのが夢なんて
 独身時代の甘い夢 

2、経験するのも良いけれど 体もモハやあの頃の盛りを過ぎてしまったが
 ワレメも穴もガタガタで おまけにお尻もお乳も垂れ下がり
 結婚暮らしの真ん中は男が入れる事ばかり

3、結婚暮らしを良くしたい 誰でも皆が思うこと 結婚暮らしを
 楽しむため 今は二人で頑張ろう【お願いこれ以上回数を増やさないでぇ~】
 

残業をしていた女教師に当直のオジサンが残業ですかと話しかけて

来ていきなり後ろから抱きついて来たんです、

私は何をするんですかと言っている間にその場に倒されてしまい

股の中に手を入れられて敏感なところに手が触れると

アッと思わず声をあげてしまって(おうっ...すげえ...生で見ると..

さらに美人でセクシーじゃないか俺ますます気に入っちゃったよ...

先生ヤルか...おじさん...ダメダメ何するんですか...その時私は

まだ抵抗をしていました...敏感なところを広げて舐められるまでは

私の敏感なところを容赦なく舐めまわさんると

私の敏感なところは思わずピクピクと動いてしまって

先生俺のペニスを入れる前にイッちぅんじゃないか私の敏感な

処から精子が流れるばかりで私はもう抵抗する力がなくなっていました

私を 強引に抱き寄せたと思ったら胸をはだけけさせ、胸の中に手を入れて

揉み始め目ました.先生すげえ感じてんじゃん

ニヤニヤしながらそう言い...ほら俺の愛撫で感じて

いるところを、もっと俺に見せて見ろよぉ...と言って

私のの脚をガバットひろげました。

私のスカートの中ではオジサンの手がいつの間にか

パンツの中にまで進入して盛んにゴソゴソと動いていました

私はその度に真っ赤な顔でピクピクと反応していました

おじさんはニヤニヤしながら...もっと俺に良く見せてみろ言って

私のパンツに手をかけて一気に引き下げてしまっ た。そして

オジサンの手は私のの敏感な個所を激しくコスりつけていました。

あぁぁぁ~いぃぃぃ~私は声を出してオジサンに強くしがみついて

部屋中に聞こえるような大きなく悲鳴のような声を出してイッテしまいました< 私はおじさんによって与えられた大きな快感を味わって意識が飛んでしまったようでした あまりの光景に私は何も言えず、ただ呆然としていました へへへ...今度は先生の敏感なところにペニスを入れて... オレがたっぷり気持ち良くしてやるからよ いつの間にか私の腕を掴んで強引に私を自分の 隣に座らせて...さらに抱きついてきました、なっ何をするの やめてぇ~...その後オジサンの強引な行為にようやく我に返った私は 何とかオジサンの手から逃れようと抵抗しましたがオジサンのチカラは 思いのほか力が強くて...私の胸を後ろから 鷲づかみにしてきました...おほほほぉ~...すげぇぇ.. オッパイ...でけぇ~...やっぱり大人の女は違うなぁ~ それにすげぇ~いい匂いがするぅ~たまんねぇぜぇ~ オジサンは私の胸を揉みながら興奮したようにそういいました 自分の下半身が感じている感覚に、私は思わず悲鳴を あげていました。胸の方ばかりに気を取られていて 下半身を見るといつの間にかオジサンの手がタイトスカート さらにストッキングの中にまで手が進入して来てパンツ越しに 敏感な個所を激しくコスリ付けて来ました あぁぁぁ~、そのおじさんの手がさらにパンツの 中にまで進入して、直接秘部に触れた瞬間 私は思わずピクピクと反応してしまって首を仰け反らせて しまいました。へへ...何だよ~...先生ぃ~嫌がっている 割にはすげぇ、濡れているじゃん...やっぱり興奮しているんだ オジサンは私の敏感なところを触りながら、嬉しそうにそう言って オジサンの手が動く度に私の中から...クチュクチュといやらしい< 音が聞こえて来ます。私は心では嫌がりながら 身体のほうはおじさんにコスラレる度にピクピクと反応して いつの間にかはしたない声を出していました。 恥ずかしい私の身体のほうは敏感なようで、付き合っていた 彼氏に少しでも触られるとすぐに感じてしまいました。 どうもそれは相手は誰であろうが誰でも良いみたいに 反応してしまうんです。例えそれが誰であろうと 触られたり入れられたりしても同じようでした 触られている処から...あの何ともいえない電流のような 甘い刺激が身体中をかけめぐって来るのが分かりました あぁぁぁ~いぃぃぃ~何時しか私は抵抗することも忘れて オジサンの手の動きに合わせて小刻みに口を半開きにして< 声を出して秘部は濡れてしまいました。 オジサンは抵抗の無くなったことを良い事に私の身体を 思うがままに触りまくり始めましたその手はブラの中まで 進入して来て私の胸を揉みこんで乳首をクリクリと 刺激していました、そして下半身では履いていた ストッキングやパンツまで下ろされて、むき出しになっている 私の秘部を直接触ってきました。私は必死に目をつぶって 快感を耐えていました、その頭の中は、白いモノが飛ぶような 感じに支配されて行きました。へへへん気持ちイイかぁ... 気持ちいいのかぁ先生ぃ~、耳もとでおじさんは感じている 私を見ながら嬉しそうに声をかけていた、私の頬や首筋に 少年の舌がはい回っているのが分かりました そして愛撫している手の動きを早めて来ると 私はもう何も考えられなくなって、いつの間にか オジサンにしがみついてイッテいました。 イカサレた瞬間、一瞬意識が飛んでしまい< 意識がもうろうとしていましたへへへ...先生真っ赤な顔をして トローンとしていたよ、先生すげぇ~口を開いてエロい顔をしていたぜ~ そんなに気持ち良かったのか先生 そんなオジサンのあざ笑うような声で私は我に返ると 私は恥ずかしさがこみあげて来て何も言えませんでした それを見ていたオレは、すご~い先生みたいな 女性でも気持ちよくしてイカセちゃうんだぁ~ 本当にすご~い嬉しそうにオジサンにそう声を掛けるとオジサンは当然 だろうと誇らしげに言い、おもむろに私の腰に手を回して 来たんです アッと...私が言うのもむなしく、まだイッタ余韻で力の 入らない私の身体を強引にオジサンに抱き寄せられて オジサンは抱き寄せた私の胸を揉んで..さらに顔に< キスをしながら、ねえ先生...オレの家に来いよ。。家で さっきの続きをしょうよ。。明日まで誰も居ないから さぁぁ...へへへへ。。先生俺が一晩中たっぷり可愛がってやるからよ... そんな事出来る分けがないでしょ 私はそれだけはダメだと思って、拒みましたが... オジサンの手が再び私の秘所に侵入して来ると すぐに先程と同じ快楽の渦に巻き込まれてしまった へへへへ...先生また濡れて来ているよ..先生のココは オレの家に行きたいと言っているよ...ねえ先生 行こうよ...その時の私は、本当にどうかしていたんだと 思います、一時の快楽に支配されて..終にその オジサンの誘いに乗っていたんです。。 後はもうオジサンのなすがままでした オジサンは興奮していたのか私を部屋に連れ込むや 否や...すぐに裸にされて...そのままベットに押し倒され ました。オジサンのまるで貧ってくるような激しい愛撫に 私は嬌声をあげて何度もイカサレてしまいました その時あまりの快楽に私の記憶は何度も 飛んでしまって意識がもうろうとしていました 気が付いた時には、私はいつの間にかベットの上で 四つんばいになって.まるで自分から入れて欲しいかの ように、オジサンのほうにお尻を突き出していました へへへへ...もうグッチョグッチョじゃん...よしよし 先生ぃ~今からオレの女にしてやるからね~ 後ろからオジサンの嬉しそうな声がして、突き出している 私のお尻を強く鷲づかみにされて そして私の中にオジサンの熱い固いモノが私の秘部に 入って来た瞬間、私は思わず自分でも今まで出したことのない 悲鳴のような声を出していました 後はもう何も考えられられなくてオジサンの思うがままに されていました。オジサンは学校の小使いとはとは思えない 激しい腰使いで私を犯し続けました。 それは本当にすごいピストンで突かれて...いつしか 私は髪を振り乱し、嬌声あげ続けていました 小使いのオジサンにやられている先生 すごくエッチだよ...あぁぁぁ~私はもう欲しくなって来たぁ~ 私は裸でオジサンに犯されている...私は自分の手を股間に 入れてうっとりした表情でオナニーをしてしまいました それからオジサンは本当に一晩中私を犯し続けました 本当に底なしの性欲おじさんだっただった ですが私はそのおじさんによって与えられた快楽に溺れてしまい 結局は自分から求めてしまうようになってしまいました

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, スワッピング, フェラ, レイプ, 不倫, 乱交 複数人, 人妻, 寝取られ, 巨乳, 巨尻, 淫乱, 熟女, 異物挿入, 義母, 輪姦, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.