アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL スワッピング フェラ レイプ 不倫 乱交 複数人 人妻 寝取られ 巨乳 巨尻 淫乱 熟女 異物挿入 義母 輪姦 近親相姦

女子校育ちの処女を俺好みに育成、先っぽを恐る恐るって感じでチロチロと舐めはじめるM子

更新日:

黒人テラチ○ポ・オン・ザ・ロード 小早川怜子

宴会などの盛り上がって来た時に歌う替え歌【そして神戸】
1、交尾入れてどうなるのか 早郎の我が身がミジメになるだけ
 交尾割れ目を広げ 穴の中に入れて 気持ち良くなる 
 そして5秒で終わり そして文句を言われ 誰か上手い長続きする
 相手さがすのよ
2、交尾 済んで帰る人か 傷ついた心が 見にくくなるだけ
 交尾 無理に2回戦目 気持ち振るい立たせ リベンジに燃える
 そして2秒で終わり そしてため息つかれ 誰かうまく 腰を使う
 相手さがすのよ 
3赤ひげ薬局で長続きする塗り薬さがすのよ

数年前の話です。

友人との飲み会の際に知り合いになったM子(19歳、眞鍋かをり似)が、「相談がある」

と言うのでウチに呼んで話を聞きました。

Mが言うには、ずっと女子校だったこともあり今まで恋愛をしたことがなく

今後もずっとこのまま恋愛できないかもしれないかと思うと、不安で仕方がないと。

そして当然処女なので、そのせいもあって男性を寄せ付けないような雰囲気を出しているのではないかと

悩んでいるという内容だった。

友達には処女ということを隠して、話も周囲に合わせていたらしい。

俺「内容は分かったけど、なんで俺なの?」

M子「何度か会ってるうちに信用できる人だと思って。あと・・・俺君みたいな人がタイプだから

俺君のような人に好感を持たれる女の子になるにはどうすればいいかなって思ってたから

じゃあ俺君に聞いたほうが早いかなって」

俺「そうなんだ」

(ん?これって告白されてんのと同じ?)

そう思ったらふと、邪な考えが頭に浮かんだ。

当時はちょうどフリーだったので、M子と付き合ったら、男性経験のないM子を

俺好みに育成できるのではないか、と。

俺「そのままでいいよ」

M子「え?」

俺「だってM子みたいな子がタイプだもん、俺」

M子「ウソだ?」

俺「ほんとだよ、知り合ってからずっと素敵な娘だなって思ってた。でも

こんなに素敵な娘に彼氏いないはずないと思ってたから」

M子「ウソだウソだウソだーーーー!」

俺「ほんとだって」

そう言って、M子の肩を寄せてキスした。

俺「ね?」

M子「ん・・・嬉しい・・・。こんな私を好きな人がいて、しかも俺君だなんて・・・」

俺「これからよろしくね、M子」

M子「ほんとに私でいいの?同情とかじゃないよね?」

俺「ほんとだって、これ以上言うと怒るよ」

M子「ありがとう・・・嬉しい・・・。私こそ、よろしくお願いします」

こうして俺とM子は付き合うことになった。

そして数日間はメールや電話でやりとりをして、初デートをすることに。

俺「お待たせ」

M子「おはよ」

俺「おっ、今日はこないだ言った通り、バーバリーのミニだね」

M子「うん、ちょっと短くて恥ずかしいけど・・・。でも、デートの時は彼氏が喜ぶ服を着るものだって

俺君が言ってたから」

俺「嬉しいよ。じゃあ行こうか」

その日はドライブをして海を見てご飯を食べて・・・って感じ楽しんで

時間はすっかり夕方から夜にさしかかっていた。

俺「楽しかったね」

M子「うん、とっても」

俺「じゃ、ホテルに行くよ」

M子「ほんとに行くの?こないだ俺君が、『デートしたら必ず最後はホテルに行く』って

言ってたけど・・・ほんとに?」

俺「そうだよ、ホテルに行かないと、仲良しじゃないってことだよ」

M子「仲良しだもん!行くもん!」

2人で少し洒落たラブホに入った。

M子「ここがホテルか・・・思ってたより可愛いね」

俺「M子のほうが可愛いよ」

キスをした。

M子「ん・・・嬉しい」

俺「じゃ、こないだ言った通り、舐めて」

ズボンを下ろし、すでにビンビンになった息子を出す。

M子「・・・うん」

先っぽを恐る恐るって感じでチロチロと舐めはじめるM子。

俺「手を使っちゃだめ!」

M子は手を引っ込め、口だけで舐め続ける。

俺「ふう~、気持ちいいよ、M子。もっと裏スジのほうも舐めて・・・」

M子「うん」

裏スジをぺろぺろ舐める。

俺「おお~気持ちいぃ~!次は口に含んで!」

M子「ジュポ、ジュポ・・・」

俺「M子、お尻見せて、逆向きになって」

69の体勢へ移行させる。

M子「ふぁい」(←咥えてるから「はい」のつもり)

俺「ちゃんとTバックを穿いて来たんだね。これからもずっとTバックしか穿いちゃだめだよ?」

M子「(口を離して)うん、恥ずかしいけど、俺君が好きなら・・・」

俺「口を離さないで!もう少しだから!」

M子「ジュポジュポ・・・」

M子は胸もFカップあるが、尻もムチムチしてるから、このアングルはたまらない。

俺「おぉ~!もうダメだ!イク!M子!顔上げて口開けて!」

正座するように座って口を開けるM子。

俺「イク!」

ビュッ!ビュビュ!!

M子の鼻筋、口、髪の毛にまで大量に放出!

M子「ほれ、はとはほうすれば・・・」(これ、あとはどうすれば?)

俺「仲良しカップルはみんな飲むんだよ。飲んでくれたら男は嬉しいんだよ」

M子「ん・・・。んごきゅ・・・」

目を閉じて、覚悟を決めたかのように一気に飲んでくれた。

M子「はぁ~、飲んだよ。(口を開けて微笑むM子)だって仲良しだもん」

俺「ありがとう、じゃあチンポを舐めて、吸って、お掃除して」

M子「はい!」

チュパチュパ・・・ポン!

って感じで俺の処女育成は始まった。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, スワッピング, フェラ, レイプ, 不倫, 乱交 複数人, 人妻, 寝取られ, 巨乳, 巨尻, 淫乱, 熟女, 異物挿入, 義母, 輪姦, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.