アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

コクコクと音を立てて精液を飲む人妻

更新日:

博多弁が可愛い欲求不満な人妻と不倫SEX

「ああん、気持ちいい、はぁん・・・いやぁぁ・・・オマ〇コ、凄い気持ちいいよぉ」

彼女は男の指でマ〇コを犯されていた。

男は彼女の顔の横に座り、彼女はそのチン〇ンを握っている。

「ほら、ちゃんとしゃぶれって」

男が彼女の口にチン〇ンを押し付ける。

「だめぇ、いやぁ、咥えられないよぉ」

彼女は身を悶えさせている。

「あはは、今日はまた乱れてるなぁ」

カメラを回すMの声が聞こえる。

「◯◯ちゃんは、こういうのも好きなんだよな」

Mが彼女の胸を足で踏みつける。

「いやぁあ!踏まないでぇ!おチン〇ン咥えるから・・・おっぱい踏まないでぇぇ」

彼女は右手に握ったチン〇ンを口に咥える。

「んん、んんん・・・はあぁん・・・んん」

ジュボジュボとチン〇ンを咥える音がする。

「◯◯ちゃんは乱暴に扱った方がマ〇コが開くんだよな、なぁ?◯◯ちゃん」

Mが笑いながら言う。

「おぉー気持ちいい。カリに舌を絡めるなぁ、すげー上手いフェラ。

ねぇ、これまで何本咥えてきたんだ?」

男がフェラさせながら彼女に聞く。

「はぁ、はぁ・・・んんん・・・分かんないよ」

「分からないくらいしゃぶってきたのかー(笑)」

彼女はチン〇ンの根元を指で扱き、亀頭をパックリと咥え

唇でカリを締め付けている。

男が彼女を仰向けにベッドに寝かせる。

「ゴム付けたからマ〇コ開けよ」

彼女は足を開いた。

「ちげーよ、足じゃなくて、マ〇コ開くんだよ」

彼女は自分の指でマ〇コを開いた。

「ほら、いつもみたいにお願いしろよ」

Mが言う。

「ああん・・・◯◯のマ〇コに、勃起したおチン〇ンを入れてください・・・

んんぁん・・・、◯◯のマ〇コを使っておチン〇ン気持ちよくなってぇ」

そう言わされながら彼女は腰を振る。

男はチン〇ンの先を彼女のマ〇コに擦り付ける。

「あ、そこ撮るからゆっくり入れてくれよ」

Mが言う。

亀頭が彼女の勃起したクリを擦っている。

男はチン〇ンを掴み彼女のマ〇コの割れ目を上下になぞる。

「いやぁん、早く・・・入れてぇ・・・ねぇ・・・おチン〇ン入れてぇ」

「あはは、これ全部録画されてるからなぁ、誰が見るか分からないぜ。

◯◯ちゃんのマ〇コ、こうやって皆のものなってくんだよなぁ」

男はチン〇ンをゆっくりと挿入し始めた。

「おー、すげー、すぐ入っちゃうぜ。ヌルヌルだ。おい、マ〇コヌルヌルしてるぞ」

「うぅん・・・オマ〇コ、ヌルヌルしているのぉ、おチン〇ンが当たってるよぉ」

男はヌルリとチン〇ンをマ〇コに入れた。

「ああああっーーー!」

彼女が大きな声で喘ぐ。

「おおぉー、すげー締まるな。Mが言ってた通りだ、すげー締まるマ〇コ!」

「だろ?すげー締まるだろ?」

Mが自分のことのように言う。

「ああぁん・・・おチン〇ン、入ってるよぉ」

男のピストンに合わせて彼女が喘ぐ。

「あんっ!あんっ!んんぅ!はぁん!」

「なぁ、3Pとかは出来ないのか?」

男がチン〇ンで彼女を突き刺しながらMに聞く。

「あぁ、出来るよ。じゃあ俺も咥えさせていいか?」

「おぉ、その方が彼女も喜ぶんじゃねーか、おい、どうだ?」

「ああっ・・・ああっっ・・・うん・・・いいよ、Mさんのおチン〇ン咥えるよ・・・

ちょうだい、おチン〇ン」

「いい子だねぇ、ほら、じゃあ咥えろよ」

Mは正常位で突き上げられている彼女の顔の上に座り

彼女の口に勃起したチン〇ンを押し込む。

「んぐぅ・・・んぐぅ」

彼女の手がMの太腿を押し返す。

「ダメだって、もっと奥まで咥えないとマ〇コが締まらないだろ?」

そう言ってMがグゥーーとチン〇ンを押し込む。

「んぐぐぐぐぐーーーっ」

彼女は苦しむ。

「おー!マ〇コ締まってきた!」

マ〇コを犯している男が声をあげる。

「あはは、そうなんだよ。◯◯ちゃんは口にチン〇ン入れると

マ〇コが締まるんだよなぁ」

「んんはぁ・・・んんぐぐ、んんはぁ」

彼女は鼻で呼吸しながらチン〇ンを飲み込んでいる。

その後は・・・前に見た動画と同じ展開だった。

彼女は色々な体位でマ〇コを犯された。

口にはMのチン〇ンを常に咥えさせられていた。

「おい、顔出せ」

Mが彼女の口からチン〇ンを抜き、彼女の鼻の上に精子を射精した。

「オー、顔射だぜ、◯◯ちゃんの顔、精子まみれじゃん」

精子は彼女の鼻から頬にかけてダラリと垂れている。

男は彼女のマ〇コにチン〇ンを押し付けながら言う。

「あん、はふぅ、はぁん」

彼女は鼻から精子を吸い込まないように口で呼吸している。

「今度は口に出すからなぁ、口開けて待ってろ」

男のピストンが速くなる。

「おおお、イクぞ、イクぞ」

「あああんっ!出してぇ、!精子、お口に出してぇ!」

男はマ〇コからチン〇ンを抜き、彼女の口にチン〇ンをぶち込んだ。

「んんんっ!」

彼女は唇を閉じて口内で射精を受け止める。

「うぅお、気持ちいい・・・はぁ、はぁ・・・おおぉ、もっと舐めてくれよ、あぁ、気持ちいいぜ」

男が彼女にチン〇ンを咥えさせながら興奮気味に言う。

いつも通り、彼女は射精したチン〇ンを口で掃除している。

鼻から頬、顎には2人分の精子が付着し、顎の精子はタラーンと垂れている。

「最後にインタビューな。どうでしたか!??選手!」

Mがチン〇ンを挿入していた男に聞く。

「いや、素晴らしいマ〇コですね。こんなマ〇コ女、いつでも使えるなんてサイコーですね!」

調子に乗っているのが分かる。

「◯◯ちゃん、今日のチン〇ンはどうでしたかっ!」

Mが彼女にカメラを向ける。

「精子が顔に付いてますが(爆笑)」

彼女は顔の精子を気にしていないかのように・・・。

「うん、気持ちよかったです・・・Mさんのおチン〇ン・・・??さんのおチン〇ン

私のマ〇コで気持ちよくなってくれましたぁ?」

彼女がはにかむような笑顔でそんなことを言ったところで動画は終わっていた。

この動画を見たあと、しばらくは何も考えられなかった。

彼女はなぜ、旦那以外の男に、こうも簡単にやらせるのだろう。

セフレとか割り切りとかいうのではない。

全くの見知らぬ男というわけではないにしろ、マ〇コを開き、男の精子を飲む。

彼女は私に、「T君のこと、好きだよ」と言う。

私も彼女が好きだ。

しかし・・・私と彼女に未来は見えない。

彼女に離婚する気がないからだ。

そんな不安定な、今だけの好きという関係とは別に、Mという男を中心にして

不特定多数の男にマ〇コを使わせている彼女。

私とのセックスの違いは何だろう?

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.