アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

オシメの頃から知っている姪と[前編]

更新日:

ヤリたい盛りの発情大学生が5人集まりハメまくる☆キマりすぎて頭ぶっ飛び

小生:62歳。姪:27歳。姪は小生と5歳離れた姉の娘で3人姉妹の長女。下の妹2人は既に結婚していました。

姪とは成人になるまで法事などで顔を合わせる程度で、オシメの頃の姪しか記憶にありませんでした。

しかし昨年の夏に田舎の義兄が亡くなり、葬儀で一緒になりました。

久しぶりに会った姪は小生好みの身長165cmくらいで

顔立ちは安藤美姫+遼河はるひを足して2で割ったような感じの

スレンダーな美しい女性に成長していました。

早速メアドを交換して、「何かあったらいつでも相談しなよ」と。

それから3ヶ月ほどして、『叔父さん、相談したいことがあるので

会ってもらえませんか』とメールが来ました。

勤め先は同じ都内、姪は都内のマンションに1人住まい

小生は1時間ほどかかる某沿線住まいです。

勤め帰りに都内の某シティーホテルを指定して会うことでOKの返信。

「で、相談ってなんだ?」

「・・・」

言い淀んでいるので、「場所を変えようか?」とホテルの最上階の

ラウンジで飲みながら聞くことにしました。

「今、付き合っている人がいるんだけど、元勤務先の上司で、30代の妻帯者なの。

最近、別れようかと思っているんだけど、どうしたらいい?」

「それって不倫か?」

「・・・ここ半年ほど上手くいってないの」

人のことは言えないが、小生も今まで不倫は結構楽しんだ方だが

まさか自分の近く、それもオシメの頃を知っている姪が不倫とは・・・。

詳しく聞いてみると、ラブホ代も姪持ちで、たまに金まで貸している様子。

一応叔父さんとしては、「そんな男との不倫はやめろよ」とお説教をしました。

その後、姪の小さい頃の話、姉の話、田舎の実家の話で盛り上がってみたものの

美しい姪に食指が動いてしまうのは男の性です。

小生の最終電車の時間はとっくに過ぎていました。

「叔父さんはもう帰れないから、ここ(ホテル)に泊まるけど、お前はどうする?」

いつもラブホで、支払いも姪持ちだったからでしょうか・・・。

「こんなホテルに泊まってみたいな~」

「そんなら泊まっていけばいいよ」

フロントでツインを頼んでキーを受け取り、エレベーターで6階の部屋に

上がって飲み直すことに。

もちろん、そんなのは口実です。

エレベーターは2人だけで、乗り合わせの他の客は誰もいないので

姪の腰に手を回して抱き寄せて唇を合わせると、姪も舌を絡ませ

うっとりとした表情で目が潤んでいました。

部屋まで腕を絡ませ、ドアを開けて中に入ると思いきり抱き合い

スーツの上から胸を揉み、そのまま舌を絡め合いました。

後ろに回り、オッパイを揉み、首筋に舌を舐め、耳を舐めると

「はっ、あっ」と可愛い声を漏らします。

10分ほどその状態が続き、小生のチ〇ポがいきり立ち

姪のお尻辺りに当たってました。

姪はいきり立ったモノを後ろ手で探りながら・・・。

「叔父さんのがこんなに・・・」

「ちょっと待て、シャワーくらい使わせろよ」

まさか姪とこんなチャンスが訪れようとは・・・。

(思ってはいましたが→確信犯)

姪から先にシャワーを浴び、小生がシャワーを浴びて戻ると

1階のコンビニで買った缶ビールを姪が飲んでました。

これから始まるであろうことを予想しての照れ隠しのよでした。

小生もちょっとお付き合いしてから、「もう寝るぞ」とお互いのベッドへ。

そして数分後・・・。

「こっちに来るか?」

「一緒に寝るの?恥ずかしいな~」

「嘘つけ、待ってたんだろ?」

ベッドに移ってきた姪を腕枕で迎え、浴衣の紐をほどき

肩脱ぎで脱がせて胸を露わにさせました。

「Bカップか?」

「Cカップだよ~」

可愛い胸を揉みながら乳首をチュー、チロチロと吸ったり転がしたりしていると・・・。

「あっ・・・うぅっ・・・あ、あ~」

姪の口から声が漏れてきました。

さらにお臍から下腹部へ舐めていき、胸へと何回か往復させるたびに

「あ~ッ・・・いい・・・もっと」と喘ぎが続きました。

パンティーの上から割れ目を擦ると湿っていました。

擦るたびごとに湿り気が多くなり、その頃になると姪が自ら腰を上下させました。

焦らしていると・・・。

「もうダメ、叔父さん触って・・・触って欲しいの、おま〇こ・・・おま〇こ」

喘ぎながらの催促でした。

パンティを両手で脱がそうとすると、姪も腰を浮かせて協力してくれました。

割れ目は既にヌルヌルで、指で弄ってもなんの抵抗もありません。

クリを刺激するとますます高ぶってきたようで・・・。

「いいっ、そこそこ・・・もっとして」

「ここがいいのか?」

指から舌先にバトンを渡しました。

大きくM字開脚させ、顔をおま〇こにご対面させクリに舌先を上下させます。

「うっ・・・いい・・・もっと舐めて・・・はっ・・・は~いい」

チュルチュル~、ピチャピチャと、わざと音を立てて吸い、クリを転がします。

「おじさん、おじさん・・・いい・・・いいあっ・・・あっ」

オシメだった頃の姪を知っているだけに、「おじさん」の言葉に萌える背徳感。

しばらくクリを責めていると・・・。

「ダメ~、おじさん・・・イッちゃうよ~、イクッ・・・イクッ・・・いい・・・イクイク」

腰を上げて反り返えったかと思うと、ガクっと腰を落としてイッたようでした。

濡れ濡れの割れ目にチ〇ポを2、3回擦りつけ、少しずつ姪のおま〇この

感触を味わいながら腰を進め挿入していきました。

奥まで入れ進むと、「あ~っ、おじさん・・・いい、いい・・・もっと、もっと奥、奥も」と喘ぐ姪。

まさに近親の背徳です。

オシメだった姪がおま〇こを晒してヨガっている姿・・・。

立膝での挿入では、おま〇こに抜き挿しするたびに捲れ、巻き込む小陰唇が

マン汁を絡ませて出入りするのが見えて興奮させます。

また、「おじさん、おじさん、・・・いい・・・もっと・・・もっと」の

姪の言葉にも興奮させられ

小生のチ〇ポはこれ以上ないくらいにいきり立ちます。

「いい・・・イキそう・・・イクイクッ~」

この日、姪はチ〇ポで2回イキました。

夜中に握られていたチ〇ポが立ってきたので

今度は小生が上になった69の体勢で姪にチ〇ポを咥えさせました。

ぺロぺロ、チュパチュパ・・・。

亀頭、裏筋、タテ舐め、ヨコ舐め。

どうやら不倫男に仕込まれたみたいで、姪のテクも慣れていたものです。

身体を起こして咥えられ、激しく舐められているうちにイキそうになり・・・。

「イク、イクぞ」

「出して、口に出して!」

姪の口にドパドバと射精してしまいました。

昨夜は2回も出したのに、姪との朝の目覚めに

またまた早朝から小生のチ〇ポが立ってきました。

やはり姪という背徳感に性欲が抑えきれなかったようです。

姪の下腹部はパンティーを着けてなく

夜中の行為の後、そのまま眠ってしまったようです。

秘部に指を這わすと夜中の行為の名残りなのか

かなりヌルっとした感触が指先に感じられます。

しばらく指先でクリを中心に指を使っていると

「あッ、うふ~ッ」とため息とも喘ぎともつかない声を漏らし

腰を上下に小刻みに動かす動作。

さらに中指をおま〇この中心に差し込み、前後に抜き挿ししながら

Gスポットらしき場所を探り、親指でクリを捏ねると腰の上下が

ますます激しくなり・・・。

「あっ・・・ウっ・・・、ハフ~ッ・・・」

喘ぎ声が漏れてきました。

指先にはマン汁が絡みつき、クチャクチャ、ピチャピチャとワンコが水を飲む音がします。

ここまでくると姪がすでに覚醒していることは明らかです。

浴衣を脱がせてオッパイを剥き出しにして乳首を左右交互に舌先で吸い

転がし、秘部の指先に集中させておま〇こを掻き混ぜます。

「あ~・・・い・いっ・・・ダメ~・・・おじさん・・・ダメ・・・

感じちゃうよ~・・・イクッ・・・イキそう・・・」

姪は腰をガクガクさせてイッてしまいました。

隣の部屋に聞こえないかと心配するほどの声なので

口塞ぎの意味もこめてキスで舌を絡ませました。

小生のチ〇ポは立ったまま不完全燃焼です。

姪の太腿を大きくM字開脚させ、間に顔を入れてクリを上下に舐め

遊んでいる指をアナルに入れてみようとすると・・・。

「アぅッ・・・クリは気持ちいいけど、アナルはダメ~・・・使ったことないから」

さすがにアナルは拒否。

「クリを・・・舐めて・・・吸って・・・。気持ちいいよ~、もう入れて・・・

欲しいの・・・おじさんのおちんちん・・・」

まずは正常位で挿入。

両脚を両腕で抱えて大きく開き、姪のおま〇こにゆっくりと挿入します。

この体勢は抜き挿しの度に陰唇の巻き込み、捲れ

マン汁のチ〇ポへの絡みがよく見えるので好きな体位です。

抜き挿しのたびに姪は・・・。

「おじさん・・・イイッ・・・もっともっと・・・奥・・・奥・・・イイッ~・・・イイッ~」

と喘ぎ、両手はシーツをしっかり握り締めて

頭を左右に振って必死に快感に堪えている様子。

ますます喘ぎ声が大きくなり、隣の部屋に聞こえそうなのでキスで口封じです。

「ウグッ・・・あぁ~いぃ~・・・いぃ~・・・イキそう・・・イキそう・・・

おじ・・・さん・・・いっしょ・・・に・・・来て・・・あっ、あっ・・・ウギャ」

姪の喘ぎとイキ顔を見ていると小生も限界が近づいてきました。

「俺もイキそうだぞ、イッてもいいか?」

「来て・・・来て・・・今日は中でもいい日だから・・・イク~」

快感のタガを外して中出しOK。

ちなみにこの時は安全日だったとかで全て生中出しでした。

ダイニングで朝食後・・・。

「不倫相手とは別れられるか?」

「おじさんに彼女はいないの?」

「昨年まではいたけど今はいない」

(本当は長年の付き合いの彼女がいました)

「それじゃあ、彼と別れたら、これからも付き合ってくれる?」

「絶対に別れろよ。そしたら俺のリタイアまで(65歳)なら付き合ってあげるから」

「うん、わかった」

そんなことから今も姪と関係を持っている。

<続く>

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.