アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

大震災の日に1人暮らしのOLを冗談で家に誘ったら

更新日:

団地妻にSEXの不満について聞くと「大きさ不足!」との声が多い

東日本大震災の日、強い揺れと共に県内全域で停電した。まだまだ寒い3月。

うちには反射式ストーブがあったが、暖房器具が全く使えない家々も多かったらしい。

金曜だったので自分は会社にいたが、早々に全員帰宅ということになった。

すると同僚が言った。

「帰っても寒いし、1人だと怖~い」

アパートで1人暮らしの子だった。

年は20代後半、身長は150センチあるかないかで、胸は推定Cカップ。

お尻がキュっと締まっててスタイルは良かった。

ちなみにオレの方が年上だけど、彼女はクン付けで呼んでくる。

「じゃあうち来る?ストーブはあるし、ガスでご飯炊くし」

冗談で言ったつもりだったが、なんと!

「え!いいの?行く!」

まさかのOKに戸惑った。

「・・・あぁぁ、着替え持ってきてくれれば何とでもなるよ。断水さえなければだけど」

服を貸してもいいけど、あまりにサイズが違うので着替えは必要だった。

「うん!」

彼女の部屋まで車でついて行き、彼女を乗せて自宅へ戻った。

すでに夕方の16時過ぎ。

とりあえず水が出るうちにお米を研いで、冷蔵庫の野菜と肉で鍋の用意を済ませた。

彼女にはその間、バスタブへ水を溜めておいてもらう。

徐々に薄暗くなり、ロウソクを灯すと何だか良い雰囲気。

アウトドア用のガスストーブで炊いたご飯とカセットガスの鍋。

一緒にチューハイを飲んだ後、停電の夜を少し歩いてみた。

当たり前だけど、外灯が消えてると本当に真っ暗。

ライトを消すと隣の彼女の姿も見えない。

「怖いからライト消さないでよぉ」

そう言って彼女は腕を掴んできた。

家に戻ってお湯を沸かし、お風呂に入れないので熱いタオルで体を拭いた。

これだけでもかなりサッパリした気分になる。

自分の部屋から布団を持ってきて寝る準備をした。

「布団、1つしかないから使っていいよ」

「Yクン(オレ)は?」

「マット敷いて寝袋」

「え~それじゃ寒いよぉ」

「ん~大丈夫」

「そうじゃなくて、あたしが寒いの」

「ん?」

「寒いから一緒に寝よ」

「一緒にはマズいでしょ?」

「大丈夫だって」

この展開はマズいなぁと思いつつ、それも良いかと思って一緒の布団に入った。

ロウソクのランタンを1つだけ点けて、しばらくお喋りしてた。

暖房はないけど余熱でまだ暖かい。

会話は、「彼氏ともう何年もしてない」とか「Sサン

(彼女の名前)が彼女だったら週末の夜はほっとかない」

とか自然とエッチな話題になっていった。

「顔近くてドキドキする」

「うん、近いね」

手はもう彼女の手を握っていた。

「しよっか」なんて野暮なことは聞かない。

けど、頭が真っ白になって、キスしてた。

「Yクン、硬くなってる?」

「うん」

「いつから?」

「キスの前から」

「そっかぁ」

彼女の手が服の上から撫でてきた。

「すごい硬い・・・」

オレもキスしながら両手でお尻と胸を揉み始めたが

我に返り彼女を離した。

「これ以上は止められなくなるからダメ」

「ん・・・止めなくていいのに・・・」

また上から手でシゴかれ、理性はふっ飛んだ。

たまに職場で胸チラで見えたオッパイだが、意外にも大きく乳首も可愛い。

抱き締めながら舐め回すと、彼女の感じる声が響いた。

そして2人で裸になると、「してあげる」とフェラをしてきた。

「Yクン、すごい硬い・・・」

両手と口で巧みにシゴかれ、ヤバイくらい最高に気持ちよかった。

負けじとオレも彼女を攻めた。

「Yクン、もう入れて」

部屋からゴムを持ってきて入れた。

まずは正常位。

小さい体が悶えて、それがまた可愛かった。

一旦抜いてバックに切り替え。

ロウソクの灯りで壁に影が写り、揺れるオッパイの影も見えた。

彼女は本当に久しぶりだったらしく、「もっと!もっと!あぁぁイクぅぅ」と何度も叫んだ。

気付いた時には3時間が経っていたが、その間ほとんど入れっぱなし。

満足した彼女が、「Yクンの口でイカせたい」と言ってきた。

「うん。オレもして欲しい」

中でイキたかったが、最初のフェラがすごかったのでお願いした。

ゴムを外して1度ウェットティッシュで拭いてもらうと

両手でまずは軽く動かした。

舌の先で柔らかく舐めると口に含み、両手も激しくシゴき始めた。

フェラをされながらオレもオッパイを揉んだ。

「ヤバイ・・・出ちゃいそう・・・」

「うん・・・いいよ。いっぱい出して」

彼女は最後、口で全て受けてくれた。

裸のまましばらく抱き合い、何も言わずただ抱き締めた。

体中に汗をかいたので、もう1度お湯を沸かし

今度は2人で体を拭いた。

「Yクン、凄いね」

「Sサンが凄いから」

すでに夜中の3時過ぎ。

軽いキスをして、彼女を背中から抱き締めて寝た。

翌日のお昼過ぎ、電気が復旧した。

「洗濯したい」と言う彼女を部屋まで送った。

「Yクン、今日はどうするの?」

「お風呂入ってうちにいる」

「あのさ、洗濯してお風呂入ったら行ってもいい?」

「うん。2人で晩ご飯食べよっか」

「じゃあ出るとき電話するね」

そんなことがあってから、彼氏と会わない

週末はうちで過ごすようになりました。

いつまで続くか分からないけど

他の同僚には内緒の関係が楽しいです。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.