アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

精神的には処女じゃなかった私の初体験

更新日:

一人旅の女子大生に無断で中出し

卒業式にバージン喪失。そう聞いて皆さんは、どの学校の卒業式だと思いますか?

一般的には高校かな。でも、〇学だっておかしくないし、中には〇学校なんて強者がいるかも知れない。

もっとも、それで女の喜びが感じられるとは思えないけれど。私?たぶん、違う意味で強者だと思う。

だって大学卒業の時だもの。

全くモテないどうしようもないタイプならともかく\

私の場合は中高生の頃からそこそこ彼氏とかいう存在もありながらだから

よくぞ守りきったと我ながら思う。

別に守ろうとしていたわけじゃなくて

(ああ、この人に抱かれたい)と思ったことは何度でもある。

大学卒業と言えば22歳。

そりゃあ、それなりに私も耳年増になってた。

体の中の女が疼いて、自分で慰めることだってしょっちゅうある。

妄想の中で私は、セックスの疑似体験だけどんどん重ねていた。

そんな私の記念すべき処女喪失の相手が

彼氏ではなくて遊びの浮気だったと言ったら、皆さんはどう思うんだろう。

勿体無いと思うのかな。

それとも、この年齢になって何を大袈裟にって感じのかな。

私はその時も付き合っている人がいて、やはりなぜか今までと

同じように肌を重ねる機会を持てないままでいた。

そして、精神的にはとっくに処女じゃない私は

“彼氏とは違う男に抱かれたい願望”が日に日に膨らんでいた。

やっぱりちょっと私は変わってるのかな?

お相手は同じ大学生で、4月から就職で遠く離れて

いってしまうことがわかっていた。

彼も私に恋人がいることを知っていた。

そして私は告白した。

「たった一度でもいい。今日だけでいい。記念に抱いて下さい」って。

彼は、「いいよ」って言ってくれた。

内心、『こりゃ、美味しいや』って思ったかも知れない。

私がまだ処女だなんて気付いてもいなかったと思う。

そう、私は普通の女子大生。

でもね、結構いるのよ。

別にモテないタイプじゃないのに機会に恵まれないって子が。

そうしてみんな普通を装っている。

何が普通なのか分からないところがミソなのかも。

そういう私も何が普通なのか分からない。

だって妄想の中では色々なことを体験しているから。

でも現実は初めてだから

彼が手慣れているのかどうかも判断はつかなかった。

ただ私はされるがまま。

全裸になって立ったままキス。

きつく抱き合いながら背中を弄り合い、そのままベッドに倒れ込む。

左の乳首を舐められたり唇で優しく挟まれたりしながら右の乳首を指で。

思わず声を上げている私。

ああ、これ好き。

私ってセックス好きなんだ。

こんな声を私は出すんだ。

彼の唇と舌は少しずつ下がってきて一番感じるところへ。

固く閉じた足が広がって行く。

ゾクゾクする。

私は大きく股を開いて、アソコは彼の目に晒された。

それだけで感じている。

まして指や唇や舌で愛撫されたら・・・。

びしょ濡れになったおまんこがピチャピチャと音を立てる。

私は声を出す。

私はすでにイクことを知っている。

バイブやローターがお友達。

(どうしよう、このまま入れてもらってイッちゃおうか?)

そう思ったけれど、私は一通りのことがしてあげたかった。

体を起こして彼のモノを口に含む。

どうするんだっけ?

歯を立てないようにして、カリの所を丁寧に舐めてみよう。

それから苦しくなるほど口いっぱいに含んであげよう。

男の体全体からしたらこんな小さなモノが

私の中に入ったら私をとても感じさせたりするんだ。

そう思うと愛おしくなる。

玩具や異物挿入には慣れているから、だいたいどんな感じかは

わかっているつもりだけど、本物の方がやっぱりいいんだろうか?

「出ちゃいそう」って彼が言う。

だめだよ。

ちゃんと私の中で出してくれなきゃ。

ナマで中出しなんて危ないのは知っている。

病気とか妊娠とか。

でも、決めていたの。

初めての時はそれしかないって。

「ダメ。もっと気持ちよくしてあげるから我慢して」

私はどうして欲しいか聞いた。

彼は棒の先から袋の裏、そしてお尻の穴まで舐めて欲しいと言った。

「嫌だったらいいけど・・・」

「嫌じゃないよ」

舌先で前から後ろまでなぞったけれど、結構舌が疲れる。

私は舌先だけでなく、舌全体でべったりと舐めたり

唇を使ったり色々としてあげた。

ダラダラと透明の液が彼の先から滴り落ちる。

「お前はいい女だ。こんなことまでしてくれて。

本当にいい女だ。どうして今まで気が付かなかったんだろう?」

「あら、こんなの普通じゃないの?」

女の子が出すような声を時々彼は漏らしながら、「入れさせてくれ」と哀願した。

私は、「どんな格好がいいの?」と聞いた。

「四つん這い」

妄想のセックスを日々続けながら、私は後背位が一番卑猥な

スタイルだと思っていたから嬉しくなった。

だってそうでしょう?

彼の姿が見えなくて何をされるかわからない

何かをされてからでは抵抗できない無防備な格好。

クリトリスもおまんこもアナルも曝け出してモロ見え。

彼は平凡に後ろから突いてきた。

もっといたずらしてくれても良かったのに。

でも、私も昇り詰めることが出来たから、まあいいか。

その間に彼は私の中で2度出した。

その後、私はお付き合いしている人とはやっぱりエッチの機会がない。

自分から誘うのもバカバカしくてしていない。

だって私には彼がいる。

彼は私とのセックスは最高だと言ってくれた。

でもね、私にとっては最高のセックスをしてくれる男の人は他にいる。

彼とのセックスの後、私は積極的になることが出来るようになった。

「抱いて」と囁いて、適当にお相手を確保している。

そして今、エッチフレンドが3人。

その中に最高の変態がいる。

その人としている時が一番燃える。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.