アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

強引な人が好きって違う意味だったのに抱きついて来た彼に抱かれてしまった

更新日:

強引な人が好きって違う意味だったのに抱きついて来た彼に抱かれてしまった

あるサークル活動しているんですが、そこの人に犯されてしまいました。

みんなで食事をしているとき、「どんな人が好きか?」って話になって、私が「強引に

引っ張ってくれる人が好き」って言っていたのを勘違いされた結果なのですが・・・。

でも、強引な人は誰でも好きっていうわけではないんです。

その人の私に対する気持ちも分かっていたのですが、その人のマンションに

誘われるまま遊びに出かけたんです。

男の人の家に1人で行ったら、“OK”だということになるんでしょうか・・・。

「自分の食事を食べさせたい」ということで誘われていました。

食事が終わってテレビを観ているとき、突然後ろからカバッと・・・。

ジョークだったら悪いと思ったので・・・。

「もう、何をするんですか~」程度にしていたんですが、離してくれなくて

手が私の身体を触りだしました。

でも、傷つけちゃ悪いと思ったので・・・。

「もう!やめてくださいよ~」

腰を逃がしながら言ったんですが駄目。

正面からガバッとキスされてしまいました。

とても長いキス。

抵抗しても駄目。

びくともしなかった。

私、自分では違うと思っていたけど、そういう強引さに本当に

弱いんだと思いました。

凄くドキドキしていた。

(ああ、この人は男だったんだ・・・)って。

変な話ですけど、わかりますか?

ときどき自分でするときに想像していた“犯される”ということが

本当になってきていることに、凄くドキドキしていて・・・。

抱き締められて身動きできないまま唇から首筋にキスが移って

片手がヒップにまわってきたとき、私は震えていました。

ヒップを揉まれて力が抜けそうでした。

抱き締められたままベッドまで運ばれました。

凄いドキドキと震えで、暴れたけど抵抗に力が入らなかった。

ベッドに押し倒されて・・・。

後は凄かった。

抵抗しました。

でも、本気になった男の人には敵わないです。

それに、私は・・・。

自分を力ずくで求められることに感じていた。

服をたくし上げられてブラをずらされて胸を口に含まれたとき

ツーンと下半身に伝わってきました。

「だめ、だめ」って言いながら

胸に舌の感触が伝わってくるとエッチな声が出そうになる。

身体が熱くなってくるのを感じました。

それに・・・。

強引に裸にされて、触ったり舐められたりすることに興奮してました。

アソコに顔を埋められたときは、どうにかなりそうだった。

下着の上からなのに、アソコに舌の動きや熱い体温が伝わってくると

恥ずかしかったけど凄く感じました。

下着を取られて、「ほら、こんなに濡れているよ」と

言われたとき、顔が火照りました。

その人は、ますます私の身体を好きにしていいと思ったみたいでした。

裸にされて身体中を舐められた頃には

私の抵抗は「いや」という声だけになってしまいました。

感じすぎて身体が痺れ始めていたのです。

指を奥まで入れられて激しく出し入れされて、クリを激しく舐められて・・・。

ついにイッてしまった後は

色んな形にされてその人の欲望を受け止めさせられました。

四つん這いにさせられたとき、凄い恰好だと思ってクラクラしそうでした。

その人は私の下に潜り込んできて、下から責められました。

その人の上に私は四つん這いになっていて、下から乳首を吸われるのです。

(エッチなことをさせられている・・・)

私の身体が淫らに反応していました。

四つん這いにさせられたままアソコにヌルッと舌が入り込んできたり

入り口を音がするくらい激しく舐められたり

そしてアヌスまでも舌で刺激されて・・・。

また私はイッてしまいました。

それからもその人は私を色んな形にして激しく求めてきました。

後ろからされたとき、その激しさに私は声を上げてしまっていました。

明け方まで何度も激しく求められました。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.