アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

川北彩花似の美人の白衣キャップだけ残して獣になった看護学生

更新日:

昔、付き合ってた子が川北彩花似の美人看護師(学生)だった。その子は親元から離れて1人暮らしで

確か遊びに行って2、3回目だったと思う。その部屋でボーっとテレビを観てると

奥の部屋でごそごそと物音が・・・。特に気にしないでいると俺を呼ぶ声が聞こえた。

「◯◯(俺)!どう?」「!!!」驚く俺。そこには川北彩花似の美人ナース姿で、はにかむ彼女。

頭をハンマーで殴られたような衝撃を受けながら、彼女をまじまじと見つめた。

彼女から声を掛けられ、やっと正気に戻った。

彼女「◯◯ぅ。ねぇ、何か言ってよ・・・」

俺「はっ、ごめんごめん」

彼女「どう?◯◯に見てもらいたかったんだけど・・・」

俺「・・・」

彼女「・・・」

黙っていることを彼女は勘違いしたのか、俯き加減で表情が曇ってきた。

俺「あっ、ごめん。いきなりで驚いた、返事するのも忘れるくらい・・・」

言い終わる前に彼女の顔がぱっと明るくなった。

彼女「よかったー。こういうの嫌いかと思っちゃった」

俺「ううん、嫌いじゃないよ。っていうか好き、かな?」

照れながら答える。

彼女の顔が一層明るくなった。

興奮しながらも若干落ち着き、頭の中がすごい勢いで回転しだす俺。

まだ付き合いだしたばかりで、タイミングを探りあいながらの2人だったので

どう持っていこうかと思案した。

彼女も落ち着かない様子だった。

制服について色々話している時、思いきって切り出す。

俺「・・・すげー似合ってるよ」

彼女「ありがと(はーと)」

俺「そんな格好でいられると襲いたくなっちゃうよ」

彼女「えー、だめ・・・だよ?ふふふ」

俺「我慢できないかもー」

彼女「だめーっ。危ないから着替えちゃおっと!」

俺「ちぇっ!」

万事休すか・・・諦めかけた俺。

彼女「向こうで着替えるから絶対に覗かないでね。絶対に!!」

悪戯っ子のような笑みを浮かべる彼女。

(んっ?もしや誘ってるのか?・・・よし!男なら一か八か!)

彼女が奥へ消えて着替え始めたのを音で確認し、思いきって突入。

ちょうどスカートを脱いで足元に落ちた瞬間。

白いストッキングの中の締め付けられた下着が色っぽかった。

彼女「えっ!!んんっ」

俺は彼女の口を塞ぎ、強く強く抱き締めた。

徐々に体の力が抜け、俺に体を預けてくる彼女。

口と口が離れ、トロンとした目の彼女。

彼女「もう・・・ばか・・・」

今度は彼女に唇を奪われ、俺はそのままベッドへ。

彼女を押し倒し、2人で獣になった。

お互いが異常に興奮した状態で、この日は何度も何度も愛し合った。

ナース服の上から彼女の胸を触る。

ブラの上からだったが先端が硬くなっているのがわかった。

口を耳元へ移し、囁く。

俺「硬くなってるよ」

彼女「そ、そんなこと言わないで・・・」

耳にかかる息とその言葉で異常に恥じらう彼女。

手を胸から徐々に下へ移動しながら耳元で囁き続けると、彼女が身体を大きく捩りだした。

徐々に声が大きくなってきたが、まだ理性で声を殺していた。

俺「声、我慢しなくてもいいんだよ・・・」

彼女「んっ、だ、だって。は、恥ずかしい」

俺の言葉で抑えがきかなくなってきたのか、声が大きくなり始める彼女。

再び唇を重ねると、彼女の舌が俺の舌を求めて動き回る。

手を下へ移すと、ストッキングの上からでもわかるほど彼女は濡れていた。

舌を絡めたまま下着の中へ手を潜り込ませる。

彼女「んっ!!」

彼女の身体が瞬時に反応する。

以前から感度の良さには気付いていたが、今日の彼女は段違いだった。

そのまま下着を脱がせ、上着とキャップだけの姿にする。

クリを中心に愛撫し続けると、彼女の声がさらに大きくなっていった。

彼女「今度は私が◯◯を気持ち良くする番・・・」

そう言うと彼女は俺のズボンを脱がし始める。

彼女「ふふ、おっきくなってる」

そのまま彼女は息子にキスをし、舌でチロチロ舐め始めた。

俺はあぐらをかいて座ったような姿勢で、彼女は下半身裸のままフェラをしてくれた。

その姿が艶かしかった・・・。

俺が手を伸ばしてあそこに触ろうとすると・・・。

彼女「まだダ~メ!今は私の番!」

そう怒られ、なすがままにされる俺だが

悔しいのでナース服の中でブラのホックを外して胸を触りだす。

彼女「んっ、もう。◯◯のえっちぃ・・・」

しばらくその状態だったが、このまま続けられると俺がヤバイ雰囲気に・・・。

何を言ってもやめてくれなかったので

しょうがなく俺は息子を支点に回転して69へ。

そして彼女のクリをちろちろ。

彼女「んふっ。だめーっ」

俺「ふふふ」

もうこの時点で2人とも理性は飛んでいたと思う。

お互いに獣のように求め合っていた。

後はこのままの流れで挿入。

すぐに2人とも果ててしまった。

終わった状態のまま息が荒い2人。

しばらくして、また復活する俺の息子。

彼女「あー、またおっきくなったー」

俺「だねー。・・・またしよっか?」

彼女「・・・うん」

以上!

ありがとうございました。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.