アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

長男の嫁と変態ぺットプレイをす義父 続編

更新日:

私は僅かに身に付けていた衣類を脱がせ、受け取った。私は嫁の首に、以前飼っていた
犬に使用していた首輪を付け太いリードに繋いだ。リードの持ち手は犬小屋の外にある杭に結んだ。
逆光で犬小屋の中の嫁の姿は少しかすんだかのように見えエロチックだった。
私は犬小屋の網目パネルの扉を開いたまま、その前に立った。嫁はすぐに私のベルトを外し
ズボンのジッパーを下ろしブリーフを下げて、中にあった私を口に含んだ。

通りにはベビーカーを押しながら赤ちゃんに話をしながら

通り過ぎる若いお母さんが見えた。

私は嫁に、「最後まで口だけで私を愛しなさい」と伝え

嫁の行為を楽しんだ。

私を咥え、深く口に含んだだけで嫁の表情は変わっていた。

私は嫁に中断させ、家内に戻り綿の梱包用ロープを持ち出し

犬小屋の中の嫁の手足を結んだ。

右手と右足、左手と左足を密着させて縛った。

手が使えない状態で再び口に含ませ

嫁は床に腰を下ろし両足を開き

胸も露わにした姿で私を咥えた。

嫁の息遣いが荒くなった。

私は嫁の口に射精したが僅かな量だった。

嫁の口元に少し痕跡が残っていた。

私は身繕いすると嫁に俯せの姿勢で待つように言い付け家の中に戻った。

私はリビングのソファーから犬小屋の中にいる

変わった種類の犬を見ていた。

犬は犬小屋の中でお尻を家に向けた

姿で腹這いになっていた。

呼吸で身体が僅かに動いていた。

犬には尻尾が無かった。

お尻とすぐ下に近接した生殖器が露出していた。

私は趣味の野鳥観察で使う双眼鏡で犬を観察した。

犬の生殖器から透明な粘り気のある液が糸を引いて落ちた。

犬はお尻を振り始めた。

嬉しいのかな?と私は思った。

しばらく私は意識的に犬小屋を無視した。

「く~ん、く~ん」と鳴き声がした。

犬は遊んで欲しくて飼い主を呼んでいた。

私は犬が使う皿型の

食器と牛乳を手に犬小屋に近付いた。

犬は私に顔を向け、「く~ん、く~ん」と喜びを表現した。

私は犬小屋の扉の外側に皿を置き牛乳を注いだ。

犬小屋の床より約30cm低い地面に置かれた皿から

中の牛乳を飲むには、通り側にお尻を向け

扉から頭を出して

さらに頭を思い切り下げた状態です舌で掬いながら飲むしかない。

その時、恐らく逆にお尻を高く突き出す格好になるだろうと思った。

私は通りに回って

外部から犬小屋の中が見えるか確かめた。

中の様子がわかっていて見てみると割りと見えるものだった。

肛門も開き気味の膣口も明確に見えていた。

果たして気付いて覗く者がいるだろうか?

私のペットを愛でる人がいるだろうか?

興味が湧いてきた。

私は嫁に声を掛けて出掛ける事にした。

私「ちょっと買い物に出掛ける。

探しながらだから帰りの時刻はわからない。

ここで待つか、家の中で待つか決めなさい。

ここは通りから見る気になれば見える。

君の全てが見えるが

静かにして気付かれなければ覗くような者は居ないだろう」

嫁「私は、ここでお義父さんを待ちます」

私は裏の車庫から車を出し

郊外の複合商業施設に出掛けた。

私はパーティーグッズやジョークグッズ

健康医療売り場を巡り、手錠、足枷手枷

バイブや電マを購入した。

なかなかの品揃えで品物を選定するのに時間が掛かり

帰宅までに3時間程が経過していた。

帰宅する時に通りから犬小屋の辺りを目視したが誰も居らず

私の新しいペットの存在が発覚してない事を理解した。

私は家に入り、リビングから犬小屋の中を確認した。

変わらず、俯せで尻を高く突き上げた姿勢で嫁はいた。

私は犬小屋に近付き、皿の中の牛乳が綺麗に

舐め尽くされているのを確認して、扉の前に立った。

嫁は私の帰宅に気付いており

「く~ん、く~ん」と甘い鳴き声を出した。

「お預け」と言うと私の股間の前で口を開け

舌を出したままで動かず、「く~ん」と一鳴きした。

私は変わった事がなかったか聞いた。

嫁は、郵便配達が来たこと

宅配便が来て不在票らしきものを玄関の扉から差し入れたこと

やたらと身体が疼いて自慰したかったが出来なかったこと

お義父さんが待ちきれなかったことを話した。

夕方が近付き少しずつ陽が陰っていた。

会社帰りの人が少しずつ駅の方から住宅街に流れていた。

男性よりも女性の方が多かった。

私は嫁の自由を妨げていた手足の拘束を解いた。

またリードを外し首輪を抜いた。

犬小屋からリビングの掃き出し窓まで

今の姿で移動するか、裸を隠す服を着たいか尋ねた。

嫁はしばらく考えてから

「お義父さんが指示してくれたら

そのタイミングで、この姿のまま、オウチに入ります」と言い

犬小屋の中で四つん這いになった。

「立ち上がって走っても良いんだよ」と言ったが

「私はお義父さんの飼い犬ですから犬らしく」と微笑んだ。

私は周りを見渡して、誰も通りがからないタイミングで嫁に

「ハウスっ」と合図した。

嫁は、ゆっくりとしたペースでお尻を振りながら

四つん這いのまま歩いてリビングの掃き出し窓から家に入った。

私は後ろから左右に揺れる嫁の股間を眺めながら着いて歩いた。

本当に嫁が私のペットになったと実感した。

私も掃き出し窓から家に入り

嫁の身体をシャワーて洗い、その身体を撫でた。

どこを触っても嫁は反応した。

私は自身の下半身を露出し嫁に

「留守番が出来た御褒美だ」と言って口を使わせた。

出来なかった自慰行為も許した。

嫁は自分の自由になった指で自身を愛し慰めた。

口には私が入り、確かめるように舌を使って舐めていた。

嫁「飲ませて下さい」

私「飲んで貰ってもいいが

身体に欲しいんじゃないか?」

嫁「はい、身体にも欲しいです」

私「私もいくらでも君の身体で昇天したいのだが

自分でも気付かない衰えが気になるんだ。

君を悦ばせる事が何よりなんだ。

さっき買ってきたモノを試したいんだが・・・」

嫁は「何かしら?」と興味津々。

私は手枷と足枷がセットになり4本の手足を一ヶ所に纏めて

拘束する革製のものを取り出し見せた。

「どうぞ、試して下さい」と嫁は両手を差し出した。

私はその両手を後ろ手に拘束し

後ろ手に拘束されている所に両足首に取り付けた足枷を連結させた。

開き気味の両足は嫁の股間を露わにした。

私はお尻の割れ目、溝を指でなぞった。

途中、肛門で一休みし、さらに溝を下り

濡れた入り口を探索し、溝を広げながら進むとコリッとした突起があった。

突起を弄ぶと硬く変化してきた。

大きくなった豆は中に芯があるような硬さを持ち

転がし易くなり、転がす度に嫁の肛門が蠢いた。

拘束された両足が反応し身体が海老のように反り返り

全体が弾むように動いた。

私は右手の中指と人差し指を膣に入れ

小指でクリトリスを刺激し、親指を肛門に宛がい圧した。

細かな振動と大きな仰け反りが自然に嫁の身体全体を包んだ。

左手で嫁の乳房を掴み変形するほど揉んだ。

嫁は嗚咽を漏らしながら涎を垂らした。

嫁の身体を仰向けにして、右手の中指人差し指で膣内を掻き回し

左手全体でクリトリスを中心に陰唇を揺すぶった。

膣からは湿った音が出てきた。

クチュックチュッ・・・と湿った音は明らかに溜まった水の音に変わり

嫁は、「あ~あ~あ~」と声を高めた。

右手を高速作動させると嫁の身体に強直が訪れた。

私はバイブを取り出して柔らかく変化した膣に挿入した。

まだ動かないバイブを抜き差しして嫁の反応を窺う。

ローターを作動させクリトリスに押し当てた。

嫁の身体が仰け反り頭が床を強く押し顎が上がり息遣いが

荒くなり時には無呼吸となった。

私はバイブのスイッチを入れた。

ブ~ンブ~ンという音がしてバイブは震動しながらうねった。

嫁「あ~~っあ~っ、い~~っイクっイッちゃう、イクっ」

「だめっ、もうだめ~~」と言うから全ての動きを嫁の身体から遠ざけた。

嫁は「いやっ止めないで~続けて~

イカせて~っ」と私に快感の継続を要求した。

どこをどうされたいのか聞いた。

嫁「全部が気持ち良い~、オマ〇コもクリトリスもアナルも全部が~っ」

私「誰のオマ〇コか?誰のクリトリスか?誰のアナルか?」

嫁「お義父さんの、お義父さんのものです。

私の身体も心も全部、お義父さんのものです」

聞いてから再開すると、先ほどよりも数段上の快感が嫁を覆い尽くした。

嫁は半ば失神状態になった。

私は、ローターと電マを持ち換えた。

動きを止めていた嫁が即反応を示した。

「ぐわぁ~が~~っ」と獣のような声を出し

身体全体が逃げようとするかのようにバウンドを続ける。

「あふっあうっあうっ」と言葉にならない声を発する。

私は嫁の回復を待ち、攻撃を止めた。

半開きの口元からは涎が滴り落ちている。

同じく意思を無くして開きっ放しになった

膣からも白い液が糸を引くように溢れていた。

肛門が一つの生物のように開閉し呼吸をしていた。

小一時間、嫁はそんな状態だった。

私は、そんな嫁を撮影し続けた。

各所パーツを個別に撮影し、そのパーツが誰の持ち物なのか

持ち主とパーツが一枚の画像に記録されるようにも撮影した。

私は嫁の拘束を解き放った。

嫁の欲するままに私を与えた。

嫁はまず私を咥え込み、頭を振り、首を捻った。

しばらくして嫁は仰向けの私に跨がり

自ら私を手で支えながら嫁の性器に迎え入れ

クリトリスを私の下腹に擦り付けるように腰を前後にグラインドさせた。

嫁は動けるだけ動き、貪れるだけ快楽を貪った。

私は嫁の奥深く子宮口に向けて射精した。

嫁が腰を沈め体重を掛けて、自ら私をそこに迎え入れたのだ。

「あ、出てる。熱いのが流れてる、子宮に入ってる」と嫁は言った。

脱力した嫁は、「また、イッちゃった」と笑顔を見せた。

嫁「お義父さん、私を棄てないで下さい。こんな私を呆れて投げ出さないで下さい。一生尽くします」

後日、何が気に入ったプレイなのか聞いてみた。

嫁「私をペットや道具扱いして焦らされる事。

私の意識を無視した半分レ〇プみたいなプレイ。

他人に見られそうな私のイキまくる姿。犬小屋」

嫁の本当の亭主、私の息子とも最近頻度が増したらしく

私には「いつでも中出しOK」と言っている。

ちなみに私と私の息子は同じ血液型で

息子にも中出しさせている。

過ごしやすい季節になると裸で

犬小屋に入りたがるいい嫁です。

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.