アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

雨の日に幼馴染のオナニー部屋で彼女と 前編

更新日:

俺が初めてセックスをしたのは高1の時だった。俺の名前を仮名で悠樹、彼女を詩華とここではしよう。
入学して1ヶ月もない頃だった。詩華とは〇学からの付き合いだった。もちろん普通の友達という関係で。
俺は情報処理科の学校に入学し、〇学からの友達も電子工業科に入る人が5人ぐらいいた。
電子科に入るのは全員男子。情報科は男子では俺1人だった。女子では詩華が情報科に入った。
女子は俺の〇学からは詩華しか来なかった。 詩華はパソコンでアニメーションなどを作るのが好きみたいで
入ったらしい。

俺もほとんど同じ理由だった。

詩華は黒髪のショートヘアで、身長は148cmと小柄な体型。

負けず嫌いで、いつも俺が悩んだ時とかは

相談に乗ってくれていた。

正直、〇学校の頃から好きだった。

顔も可愛い方だった。

ちょっと引き気味な性格のため

あまり男子とは話していなかったと思う。

けど俺はむしろそっちの方が話しやすかったし

詩華も応えてくれた。

入学して約3週間ぐらいだった。

朝はかなり晴れて暖かかったのに

帰る時には大雨だった。

学校から駅までは10分程度だから走ればなんとかなる距離。

だいたい行き先が一緒なので

いつも俺は詩華と一緒に帰っていた。

なので詩華に傘を借りるか

走って一緒に帰ろうと思っていた。

俺「詩華、傘2本持ってたりするかな?」

詩華「あ・・・ごめん。1本も持ってないんだ」

俺「あ、そうか。まぁそうだよな。朝あんなに晴れてたし」

詩華「10分ぐらいだし走る?」

俺「良太達は?」

詩華「全員部活だよ。部活入ってないの私と悠樹だけじゃん(笑)」

俺「そうだったそうだった」

とにかく俺と詩華は駅まで走って、地元の駅まで帰った。

けど、こっちはさっきより雨がひどく、風も強かった。

詩華「あー、こっちの方がひどいんだね・・・」

俺「どうする?ちょっと雨宿りしていくか?」

詩華「私の家、歩いて5分ぐらいだけど来る?」

俺「じゃあちょっと雨宿りさせてもらう」

ちょっと期待はしていたが

詩華の性格的にこの時点では無理だと思っていた。

とにかく一緒に走って詩華の家に行った。

詩華はバッグが使い物にならなかったのか

もう頭を覆うのをやめていた。

なんとか走って3分ぐらいで詩華の家に着いた。

詩華は一段落ついて呼吸を整えていたが

俺は詩華と目が合わせられなかった。

雨でで制服が透けていた。

詩華はまったく気づいてなかった。

そのまま部屋に入り

詩華は着替えをするので俺は部屋の外で待っていた。

ようやく着替え終わり

中に入れてもらえた。

俺はズボンも上もそんなに濡れていなかったので

着替える必要はなかった。

詩華は上だけ着替え、下は制服のスカートのままだった。

詩華の隣に座って少し話した。

詩華「やむまで時間かかりそうだねー、何する?」

俺「んーなんでも。ところで詩華の親は?」

詩華「お父さんは夜8時まで帰って来ない

お母さんは学校の先生だから何時になるか分からない」

俺「兄弟はいるんだっけ?」

すると詩華は少し黙り込んで下を向いた。

そこで思い出した。

詩華の弟は1年前に事故で亡くなっていた。

俺「あっ・・・ごめん・・・」

詩華「いいの。現実だから・・・」

詩華は思い出してしまったのか

涙が出そうなぐらい目が潤っていた。

詩華の弟とは一度会ったことがあったが

かなり詩華と仲が良かった。

詩華の辛いことを俺は思い出させてしまった。

涙が少しずつ出始めてきたけど俺はどうしようもなかった。

仕方がなく、俺は詩華を抱き締めた。

詩華「え・・・あ・・・悠・・・樹・・・?」

俺「ごめん・・・思い出させてごめん・・・本当に・・・ごめん・・・」

詩華「あ・・・うん・・・気にしないで・・・」

詩華の方からも抱き締めてきてくれた。

詩華を離すと、詩華は俺の顔を見た。

俺も詩華の目を見て、応えた。

すると詩華がキスをしてきた。

俺「あ、え・・・っと・・・」

詩華「ふふ、初めて・・・?」

俺「当たり前だろ・・・初めてだよ」

詩華「私も初めて・・・

ファーストキスは悠樹に取られた・・・///」

詩華は顔を赤らめて俺に何度もキスをしてきた。

しかしそこで玄関の開く音が聞こえた。

詩華「あ、やば・・・お母さん帰ってきたかも・・・」

俺「え、あー・・・仕方無いな・・・」

詩華「大丈夫、ちょっと待ってて」

詩華は机に行き、色々と漁りだした。

すると部屋のドアが開き、お母さんが入ってきた。

詩華「あ、お母さん。雨ひどいから悠樹ちょっと休ませてるよ」

お母さん「うん?そっか。ゆっくりしていってね、悠樹くん」

俺「はぁ・・・ありがとうございます」

詩華がお母さんと少し話してお母さんが部屋を後にした後、詩華が俺を呼んだ。

詩華「悠樹ー、ちょっと行きたい場所があるの」

言われるがままに詩華について行った。

詩華は傘を持たずに走って細い道と、人通りが少ない道に俺を連れて行った。

だいたい1分半ぐらいで着いた。

そこは近くに小さな家が1軒建っている程度の場所だった。

詩華は俺を倉庫のような場所に入れた。

入ると同時に鍵を閉めた。

中は真っ暗で、畳2、3枚分ぐらいの小さな場所だった。

俺「なんでこんな場所・・・」

すると詩華はまた俺にキスをしてきた。

詩華「したいんでしょ・・・?

私のオナニーの部屋でやろ・・・?」

俺「え?どういう・・・」

意味が分からなかった。

(オナニーの部屋?)

どういうことだかさっぱりだった。

詩華「いつもここに来てオナニーしてたの。

ほら、こういうのが・・・」

詩華が灯かりをつけるとティッシュやら

なにやらいっぱいあった。

俺はそこで初めて詩華の本性を知った。

続く

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.