アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

お知らせ

お嫁に行く前の娘は儀式を受ける村の仕来たりで10日間は若者に身を

更新日:

ある村では娘の処女膜に悪霊が取り付く、かつ旦那になる男性と上手に営みが出来ないからと云う言い伝えが
あって村人の若者で女性に経験の多い若者が選ばれて、お嫁に行く娘は必ず経験豊富な若者の所に行って
悪霊払いの儀式を10日間は受ける事になる、夜の営みの儀式を受けなければならないと云う村の仕来たりがある
お嫁に行く娘が若者の所に出向いて行って祝い酒と要してお神酒をいただいてからお風呂に入ってから布団に入る
と認め人オバサンが2人布団の横に座って2人の交尾を見届ける儀式が始まる

お嫁に行く女は風呂から出ると布団の上にあおむけに寝て男は浴衣をはだけると

下には何も付けていない素っ裸になって男は娘の両足をガバット広げて女の性器が処女かどうか

割れ目を広げて確認をする、当然横にいる見届け人オバサン2人も同じように確認をする

この日の娘は処女だった、娘の性器の敏感な個所はすでに濡れていた男は儀式に乗っ取り

認め人の見ている前で娘の敏感になっている割れ目を撫でながらクリトリスを指でイジリ始めると

娘は我慢できなくなったのか(見届け人にも大きい声を出した方が良いのよと言われて)

悲鳴のような声を出し始めた、あぁぁぁ~ダメぇ~あぁぁぁ~嫁入り前の娘の性器からイヤラシイ液体が

止め度となくアフれ出てくる、男のペニスもカチカチにイキり立っている男の左手は

娘のオッパイを揉んでいて右手でクリトリスを弄りまわしていた手が娘の小さな穴の中に

入っていった男も心得たもので最初は中指一本娘の穴の中に入っていった娘の穴の中に

異物が入るのが初めてだから娘は悶え狂い始めた(見届け人が早くチ〇ボを中に入れてと)

言った方が良いのよと娘に云っていた。娘は両足を広げてお尻を持ち上げて性器の局部には指が入っていた

あられもない格好をして。あぁぁぁ~ダメダメぇ~あぁぁぁ~いぃぃぃ~娘はこえを出して悶え狂っている

男も我慢できなくなったのか娘の局部から指を抜いて自分のカチカチになったペニスを

娘の濡れている穴に押し付けてゆっくりと押し込んでいった娘はイタイイタイと悲鳴をあげながら

男のペニスを奥まで飲み込んでいった。娘は痛さより快感の方が勝って来たのか

男にしがみついて隣まで聞こえるような大きな悲鳴のような声を出してイってしまった。

大きな快感を味わって意識が飛んでしまっているようでした。あまりの光景に見届け人も

ただただ呆然としていました。見届け人も私が嫁に行くときもこんな男に抱いて欲しかったと

云って自分のオッパイを揉んでいた。男はまだ娘の敏感な個所を激しく突いている

娘はまだ意識がもうろうとしているのか男のペニスが動く度にピクピクとケイレンをしていた

男も我慢できなくなったのか娘の局部からペニスを引き抜いて娘の口の中に射精した。

娘の性器からは精液に出血した血が混じっていた。娘はしばらく意識が飛んでいるのか

もうろうとしていた。見届け人のオバサンがこの娘はアンタに儀式をされて幸せだよ

オバサンもアンタに儀式をしてほしかったよ、今からオバサンにも儀式をやってくれない

私たちなら中に出しても良いんだからと言ってオバサン達も全裸になって私たちも抱いてと

云って抱きついて来た。一人のオバサンの両足を広げてオバサンの性器のビラビラを

摘まんで広げるとオバサンの局部はグチャグチャに濡れていた。濡れている精子と

共にクリトリスも舐めてやるとオバサンも声を出して悶えてしまった。あぁぁぁ~いぃぃぃ~

気持ちがいぃぃぃ~もっと奥まで突いてぇ~私の中に流し込んでぇ~

その様子を隣で見ていたオバサンも私の中にも入れてぇ~と待ちきれんばかりに

催促をして来た、A子オバサンの性器からペニスを抜いてB子オバサンに

A子オバサンの上に抱きついて上に乗るように云って2人の性器を上下にして

交互にオバサンの性器の中に入れたり出したりしていたら下になっていた

A子オバサンがあぁぁぁ~いぃぃぃ~私もうダメぇ~イクイクイッチャウ~

あぁぁぁ~いぃぃぃ~と云ってイッチャッタ、今度は上になっていたB子オバサンの

オ〇コに中に集中してペニスを突きまくった。下になっているA子オバサンは

まだ意識が飛んだまま余韻が残っているのか意識がもうろうとしていた。

B子オバサンも感じきっているみたいで、性器の中がケイレンを始めて来た。

何とも言えない電流のような甘い刺激が身体中を駆け巡ってくると言って

あぁぁぁ~いぃぃぃ~イクイクイクう~と云ってB子オバサンの意識も飛んでしまった。

2人の性器の中に精液を流し込んでペニスを抜くと隣にはまだ娘が意識もうろうと

したまま、両足を広げたまま横たわっていた。娘に近ずいてゆき娘の身体をうつ伏せに

してお尻を広げて娘の性器を見ると娘の性器は汚れたままで、その汚れている

性器の中にペニスを押し込んでやった、娘はまだ刺激が強すぎたのか意識が

もうろうとしているのか思うがままにされていた、お尻から娘の性器の中に

ペニスを侵入させて突きまくって刺激を与えてやると娘は意識がもうろうと

しながらも声を出し始めたあぁぁぁ~いぃぃぃ~Aオバサンが云った

その子は生理が終わったばかりだから中に流しこんでも大丈夫だからと云った

結婚する前の娘の性器の中に精子を射精するのはダメじゃないかと云ったら

万が一、子供が出来ても結婚するんだから産めばいいんだよと言っていた

そんな事を言っていたら娘が悲鳴のような大きい声を出してイってしまった。

男も女の性器の中に精子をドバっと出してしまってハテてしまった。

A子オバちゃんが私の娘がお嫁に行くときには貴方に儀式を

任せるからと言っていた。

それから先10日も娘の儀式を続けて終わると

10日後に結婚する娘は帰っていきました。

>>mottomiru

>>mottomiru

-お知らせ

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.