アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

美魔女妻が若い男のペニスに落ちた瞬間 前編

更新日:

私たちは結婚17年目の夫婦です。 他の多くのご夫婦と同様、私たちも倦怠期気味でして
最近ではエッチの回数も減ってきてました。1年ほど前から、妻が他の男に抱かれてるのを
想像するようになりました。妻は私と付き合う以前に1人だけ経験があります。
その男とのエッチの内容はたいして聞いた事がなかったのですが、ちょっと前のエッチの最中に
そのことを尋ねると、異常に興奮してすぐにイッてしまいました。

私も妻も・・・。

想像だけではいつしか収まりがきかなくなり

清楚でお堅い妻を説得すること5年以上・・・

ついに3Pなら、という条件でOKが出ました。

早速、掲示板などで単独男性を募集しました。

色々条件で限定しました。

まず、ちゃんとルールが守れる人。

ちょっと離れたところに住んでいる人。

エッチした後でちょくちょく顔合わすのは嫌ですからね。

あと、ペニスがあまり大きくない方。

大きいモノを経験したことのない妻なので

もしかしたらハマってしまうことが怖かったからです。

他にも色々ありましたが、そのような条件で探したところ、Kという男に巡り合いました。

Kは私たちより若く、妻より12歳下の29歳でした。

ずいぶん家も離れたところだったので

メールで何度もやり取りして、ついに会う事になりました。

週末に隣町のホテルで。

二人で出掛けるのも久しぶりだったので

妻も私も盛り上がっていました。

約束の時間、男はやってきました。

写真とかでも見てたのですが

中肉中背の見た目も普通の男でした。

ホテル近くの居酒屋で3人で軽く自己紹介です。

K「こんなにスタイル良くお綺麗な奥さんで・・・

惚れてしまいそうです。美魔女の山田佳子さんをもっと色っぽくした感じですね」

私「おいおい、いい気にさせないでくれよ」

山田桂子さんに似ているというのはよく言われますが

こんな若い男が美魔女なんて知っているんですね。

気さくな感じの人で、アルコールも入ってたせいか

ちょっとしたらすぐ打ち解けました。

いい雰囲気の中、いよいよホテルへ帰ります。

帰り道、妻の顔がちょっと緊張でこわばっていました。

私もいよいよ・・・という感じで、緊張と興奮で妙な感覚を覚えていました。

ホテルまで帰ると、とりあえず妻がシャワーを浴びに行きました。

その間、Kと今日のルールの確認を簡単に済ませ

妻が風呂に入ってそんなに経ってなかったので

ちょっと妻を驚かすつもりでKに提案しました。

私「なんなら妻と一緒にお風呂どうです?」

K「え!?いいんですか!?」

私「ええ。風呂に一緒に入るだけなら構いませんよ」

そんなわけで、Kも一緒に入ることになりました。

K「奥さん、私も入りますよ。いいですか!?」

妻「えぇ!?い・・いいですよ・・」

慌てふためく妻。

言い出したものの、私もかなり緊張です。

一緒に風呂へ入るだけで終わるのか、それとも・・・。

色んな想像が駆け巡ります。

何やら楽しそうな会話が聞こえてくるのですが

はっきりとは聞き取れません。

悶々とした中、そのうち妻が風呂から出てきました。

私「あれ?Kさんは?」

妻「今洗ってる」

私「何かされた?」

妻「ううん、何も・・・一緒に入っただけ・・・」

どうやらホントに期待してたようなことはなかったみたいです。

私「Kさんのアレ・・・、見た?」

妻「見てないよ~。緊張して全然下のほうは見れなかった」

私「好み?」

妻「容姿はすごく好きなタイプ・・・」

タオル一枚巻いただけの身体がほんのり赤みを帯びて

いつもより艶っぽく見えました。

Kも出てきたので、私も風呂に入ることにしました。

私「なんなら、私が出るのを待たずに始めてもいいですよ!」

K「いえいえ、待ちますよ」

妻「早く出てきてね」

そんな会話を後にして風呂に入りました。

二人が携帯を取り出して

何やらやっていたのが気になりました。

入っていても、すぐ隣なので、よく会話が聞こえました。

「番号・・・ワンコール・・・」

聞き取れないのですが、たまに笑ったり、何か話してるのがわかります。

ところが少し経つと何も聞こえなくなりました。

(まさか・・・!)

私は大急ぎで体を洗って、湯船に浸かることなく出ました。

そしてベッドに目をやると・・・。

いきなり背後から攻められている妻が目に飛びこんできました。

Kは、まだ若い分、締まった身体で

私より若干細いのですがちょっと筋肉質でした。

ちょっと小さいながらも形のよい妻の胸がKの手によって変形しています。

ついに始まったのです。

今までは妄想だけの世界・・・

現実に目の前で繰り広げられると

突然始まっていたせいもあるのか興奮より冷静さが強かったです。

胸だけ露出してた身体も、そのうちタオルを取られ

全てをKに見せていました。

子供を一人産んでる割には、まだ崩れていない身体。

Kの指で攻められる妻、だんだんと声が漏れていく妻・・・。

全てが新鮮で興奮でした。

ここまでは・・・。

妻も少しは積極的になってきて

Kの巻かれているタオルを取りました。

「えっ!?」っていう顔の妻を見ました。

私もです。

タオルを取ると、私も、当然妻も見たことのないようなモノが出てきたのです。

まだ半立ち状態でしたが、あきらかに私の勃起時より大きいのです。

やられた~と思いました。

よく思い出すと、Kからは普通サイズってことしか聞いてなかったのです。

しかし、どう見ても普通じゃありません。

私が驚愕してると、妻は意を決したのか口で愛撫し始めました。

次第に勃起し始め、最後にはとても妻の口には収まらないサイズになっていました。

長さも太さも私のほぼ倍はあります。

それを口にする妻には圧巻でした。

間もなく正常位で妻に入っていきました。

入りにくそうでしたが、とうとう全部

根元まで刺されてしまいました。

妻の歪む顔が見えます。

私の目の前ってこともあり

必死で快感を堪えてるのがありありと感じられました。

ほんの2~3分でKはイッてしまったのですが

ところが後で聞くと妻は3回もイカされたそうです。

妻とKとの行為が終わり

私は傍観者になっていたので興奮のあまりすぐにでもイキそうでした。

妻とすぐにでもしたかったのですが

Kも帰る様子がないのでとりあえず様子を眺めてました。

するとトイ〇に妻が行ってる間に

とんでもないことをKが言い出したのです。

「2回戦いいですか・・・?」

「え!?えぇ、いいですよ」

「今度はイキにくいかもしれないので

生でさせてもらってもいいですか?」

「え!??」

「もちろん外に出しますよ」

「・・・」

生です。

かなり躊躇いましたが

お腹にかけられるのが見たいというのも事実です。

「わかりました。妻が了承するならいいですよ」

そんな感じで2回戦が始まることになりました。

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.