アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

綺麗な人妻を性感マッサージで落とす 第2編

更新日:

少しの間、さやかさんが僕のチ〇ポを扱く光景を見ていると、味わったことのない興奮と
こんな綺麗な人が僕のチ〇ポを扱いているということで更に興奮し、すぐさまイッてしまいそうに
なりました。しかし、ここまできて、こんなところでイッてしまうのは非常に勿体無いと思い
さやかさんの手を取って扱くのをやめさせました。僕はさやかさんの割れ目を擦りながら隣に
横になり、さやかさんの顔を見つめました。タオルで口元しか見えませんが、「あっ」とか「んっ」と
喘ぎ声を出す口元がとても綺麗でした。

そしてゆっくりと顔を近づけ、さやかさんの唇に自分の唇を重ね合わせます。

さやかさんの唇の柔らかさを自分の唇で感じましたが

すぐさま、「んんっ!」と言って顔を背けられました。

再びさやかさんの唇を追いかけ、唇を重ね合わせました。

それでもまた、「んんっ」と言って顔を背けました。

キスだけは旦那のために守りたいということなのでしょうか。

しかしながら2回も唇を重ね合わせたという事実は残ります。

顔を背けた勢いで、顔に被せてあったタオルが布団の上に落ちました。

さやかさんは目を閉じています。

唇が駄目ならばと、耳と首筋へキスをして愛撫を始めました。

そこはとでも敏感なようで、「あんっ」とか「だめぇ~~」と言いながら藻掻いていました。

それでも僕はやめません。

耳と首筋をキスしたり舐めたりし続けました。

さやかさんは藻掻きながら快感に耐えており

どさくさに紛れて右手をさやかさんのパンツの中に滑り込ませました。

さやかさんは一切抵抗してきませんでした。

耳と首筋の愛撫に耐えるのに必死なのでしょうか。

パンツの中に滑り込ませた手を奥へと進めます。

さやかさんの茂みを掻き分け、割れ目に到達しました。

そしてそこは予想通り

物凄い量の愛液でヌルヌルになっていました。

ヌルヌルの割れ目を2~3回上下に擦り

中指をさやかさんの中に滑り込ませました。

「ああんっ!」

さやかさんの喘ぎ声。

僕の指は、いとも簡単に奥まで入りました。

指を出し入れしながらさやかさんの膣内を擦り

(これがさやかさんの中・・・)と感動してしまいました。

さやかさんの性器に指を入れ、さやかさんの性器の中を触っているのです。

指を出し入れする度に、「あんっ、あんっ」と声を出してよがります。

そして小刻みに指を出し入れすると

クチュクチュという音が部屋中に響き渡り、更に興奮させます。

さやかさんに聞こえるように、わざと音が出るように弄り続けました。

そして一旦指を抜くと

さやかさんの愛液が付いた指でクリトリスを弄り始めました。

やはりクリトリスが一番感じるのでしょうか。

クリトリスに移った瞬間、喘ぎ声も激しくなるのです。

そして直でクリトリスを指2本で摘むと、ビクンッ!!!

と大きく反応しました。

僕は親指でクリトリスを固定し、中指で摘むようにしながら

クリトリスを擦り始めました。

さやかさんの反応はすごかったです。

身体をピクピク痙攣させながら

「あんっ、あんっ」と喘いでいました。

尚もクリトリスを擦り続けると異変が起きました。

さやかさんの手が僕を抱き締めるように背中へまわし

僕の背中をギュッと掴んできたのです。

そしてどんどんと身体に力が入ってきて

背中を掴む手にも力が入ってきました。

声も唇を噛み締めながら、「んん~~~~~」

と出しており、何かに備えるような状態となってきました。

(もしかして・・・イッちゃう?)

そう思いながらクリトリスを擦り続けましたが

まさにその通りのようです。

背中を掴む手に更に力が入り、身体が硬直してきたのです。

しかし、まさにイク寸前というところで僕は手を止めました。

手を止めると、さやかさんの身体から力が抜け

「はぁはぁ・・・」と激しく呼吸をしています。

イク寸前・・・この状況を見逃すはずがありません。

さやかさんはきっとイカせて欲しいはずです。

僕はさやかさんの耳元で、「イカせますよ」と一言呟き、上体を起こしました。

そしてさやかさんのパンツの両端を掴み

パンツをグイッと引っ張って脱がしにかかったのです。

そこでさやかさんの取った行動は・・・、なんと腰を浮かせてきたのです。

さやかさんはイカせて欲しい。

イカせてくれるのなら何でもする。

イカせて欲しかったら大人しくパンツを脱がせろという

無言の交換条件が成立したのです。

さやかさんが腰を浮かせてくれたおかげで簡単に

パンツがスルスルっと脱がされていきます。

旦那の為に守るべき、女性の一番大事な部分である性器を

守る最後の布きれが、僕の手によって脱がされていきます。

そしてついに両足首からさやかさんのパンツを抜き取りました。

さやかさんのパンツを脱がせたということに大きな感動を覚えました。

僕はさやかさんの腰の横に座っていました。

さやかさんは脚を閉じ合わせ

僕に見られないようにしていましたが

僕は横から両脚を持って押し開きました。

真上からですが

はっきりとさやかさんの性器をこの目で確認することができました。

さやかさんは、「いやっ」と小さな声で呟き

横を向いて手で顔を覆い隠します。

ついにさやかさんの一番大事な部分を見ることができたのです。

僕はさやかさんの性器を凝視しながら指を這わせ

ヌルヌルの割れ目を擦り始めました。

自分の指がさやかさんの割れ目を擦っている光景や

自分の指がさやかさんの膣内に入る光景を見ると更なる興奮を覚えました。

とりあえずイカせてあげようと思い

割れ目を弄りながらさやかさんに覆いかぶさるように横になりました。

そして再びクリトリスを摘み、さっきと同様に親指でクリトリスを固定し

中指で摘むようにしながら擦り始めました。

ここからは早かったです。

クリトリスを擦り続けるとすぐさま

「んん~~~~」という声を出して全身に力が入ってきたのです。

しかし、脚に力を入れて閉じ合わせようとするので思うように責められず

自分の足を絡ませて両脚を大きく広げさせました。

そして執拗にクリトリスを擦り続けます。

端から見たら物凄い光景です。

人妻が両脚を大きく開かされ

クリトリスを執拗に擦られて絶頂に達せられようとしているのです。

両脚を大きく開かされたことで更に興奮したのか

両腕で僕を抱き締め、背中をぎゅ~っと掴んで絶頂に備えていました。

(僕の手でイカせてあげるよ)という気持ちでクリトリスを擦り続けると

更に僕をぎゅ~っと抱き締め、全身が硬直状態となり

その硬直状態のまま、「んん~~~~っ」という声が出て

その声が途切れると同時に激しくビクンッ・・・ビクンッ・・・と痙攣が始まりました。

僕の手によって絶頂に達した瞬間でした。

イッている最中もクリトリスを擦り続けると

ビクンビクンと痙攣を繰り返していました。

しばらくして、もう収まったかな?と思って手を止めると

僕を握り締めていた両腕は力が抜けて布団にバタンと落ちました。

さやかさんは全身の力が抜け

まるで骨が抜き取られたような状態となっていました。

目は瞑ったままで快感の余韻に浸りながら

「はぁ・・・はぁ・・・」と呼吸を整えていました。

完全に力の抜けた状態でした。

しかし、ここからが僕の番です。

絶頂に達した後の力のない状態を利用して

まずはさやかさんの浴衣の帯を解きました。

次にさやかさんの右腕を掴んで浴衣から抜き取り

続いて左腕も浴衣から抜き取りました。

そして、さやかさんの背中に腕を入れて少しだけ抱え

浴衣を抜き取り、ベッドの横に投げ捨てました。

さやかさんは完全に一糸まとわぬ姿となったのです。

僕も服を脱ぎ、全裸となりました。

部屋の中で人妻であるさやかさんと僕が全裸でいるのです。

僕は全裸のさやかさんを見下ろしながら足元に移動して腰を下ろしました。

そして、さやかさんの両膝を持って押し広げ

M字開脚の状態にさせました。

さやかさんの性器に顔を近づけ

割れ目を凝視しました。

さっきとは違って正面から間近で見るさやかさんの性器です。

目の前10cmくらいのところにさやかさんの性器があるのです。

入り口はパックリと割れていて、愛液でヌルヌルになっていました。

両手の親指でさやかさんの割れ目を更に押し広げ

ひたすら性器を凝視していました。

旦那さんには申し訳ないが

僕は今、さやかさんの性器を間近で見ているのです。

そして割れ目に顔を近づけ、舐め始めました。

さやかさんはビクンッとするだけで相変わらずグッタリとしています。

さやかさんの愛液を吸って飲み込みます。

音を立てて吸い付き、どんどん飲み込んでいきます。

さやかさんの性器を味わった後、いよいよです。

さやかさんの大きく開いた脚と脚の間に膝立ちとなり、自分のチンポを持って割れ目に擦り付けます。

そして、さやかさんの入り口を捉えるとゆっくりと腰を突き出していきました。

僕の目の前でさやかさんの割れ目に僕のチ〇ポが入っていきます。

濡れていたこともあり、一気に奥まで押し込みました。

「ああっ!」

声を出したのは僕の方でした。

さやかさんの中はとても気持ちが良く

ヌルヌルの膣内の粘膜と僕のチ〇ポが擦れ合って

とてつもない快感が襲ってきたのです。

さやかさんの性器を見ながら腰を前後に動かし始めました。

さやかさんの性器から僕のチ〇ポが出てくるとこや

僕のチ〇ポが入っていくところを見ると更なる興奮を沸き立てます。

さやかさんの両膝を持ったまま腰を前後に動かし

割れ目にチ〇ポを出し入れしていると、さやかさんの

膣内のヌルヌルの粘膜と僕のチ〇ポが擦れ合い

情けないことに30秒程でイキそうになりました。

これはまずいと思って動きを止めて回復を待ちます。

収まったと思って腰を前後に動かし始めると

5~6回チ〇ポを出し入れしたところで再びイキそうになりました。

ここまできてこんなに早くイクのはあまりに勿体無いと思い、腰を止めました。

このときに我慢汁は膣内に漏れていたと思います。

仕方がないので動きを止めたままさやかさんに覆いかぶさり

さやかさんのビンビンに硬くなった乳首を口に含み、舐め回しました。

しばらく乳首を舐め続けると次は更に上を目指し

さやかさんの顔を真上から見下ろしました。

さやかさんは目を瞑ったまま微動たりしません。

そこでそっと顔を近づけ、唇を重ねました。

「んんっ!」と言って顔を背けようとしましたが

それは想定内のことであり

両手で顔を押さえつけて激しく唇を重ねました。

さやかさんは両手で阻止しようとしましたが

僕の腕が邪魔で届きません。

ここぞとばかりにさやかさんの唇を舐め回し

唇の中に舌を押し込んでさやかさんの歯や、唇の裏側を舐め回しました。

さやかさんは、「んんーーっ」と藻掻いて逃げようとしますが

顔を押さえつけられて逃げることができません。

しばらくさやかさんの口の中を舐め回していると

抵抗する力が尽きたのか、だんだんと力が

抜けて腕が布団に落ちました。

そして口の力も抜け、閉じ合わされていた歯も開いてきました。

待ってましたとばかりにさやかさんの歯の中まで舌を侵入させ

さやかさんの舌を舐め回します。

もう、さやかさんの全てを支配したような気分になりました。

しかしながら、抵抗されたことで更に興奮したのか、僕のチ〇ポは動きを止めたまま

射精へと向かっていました。(やばい・・・)

時すでに遅く、精液が外に向かって上がってきていました。

ちょっとでも動いたらイキそうで、動かなくてもイキそうでした。

もしチンポを抜こうものなら、抜くときに擦れるだけでイキそうでした。

どうしよう?と考える間もありませんでした。

この状態のままでいてもすぐに射精してしまいそうなのです。

そんなことならいっそのこと・・・と思い、さやかさんを強く抱き締め

腰を前後に動かし始めました。

あっという間でした。

元々動かなくても射精してしまいそうな状態でしたので

腰を2回程前後に動かしたときには、ドクン・・・ドクン・・・

とさやかさんの中で射精してしまいました。

その行動に異変を感じたのか、それとも膣内で何かを感じたのか・・・。

「え?うそ?ちょっと!」

そう言って両手で僕を突き放そうとしました。

僕の手によって絶頂に達した瞬間でした。

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.