アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

妹の手コギ、オナニーにハマってしまった

更新日:

「あ!あ!ああああ!ダメ!ダメ!ダッメーーーーー!イクッ!・・・イクゥゥーーーー!」
由美香の膣が凄まじいうねりに合わせて締まった。俺も我慢できない!
そのまま長大ストロークをぶちかまして、一気に由美香の膣内に大量の精子を送り込んだ。
「兄ちゃーーーーん!」由美香は俺の下でエビ反って、噴き出す精液を全部体内で受け止めてくれた。
妹の由美香は4度目の絶頂。

18cmに成長した俺のペニスに由美香は完全に溺れてしまって

カレシを作らない。

安全日の中出し相姦だ。

由美香の小さくて華奢な体をこれでもかってってくらい

折り曲げた屈曲位状態で羽交い絞めにして、ペニスを性器に

密着させて子宮口に向けて射精し続けた。

由美香は汗だくで全身真っ赤に火照って、呼吸はゼーゼーハァハァ状態。

毎度、由美香の連続昇天は凄いと思うが、つい激しく攻めてしまう。

終わって俺は由美香の上で虚脱状態のまま抱き締めた。

由美香は完全グロッキー。

まだペニスは小さく脈打ってタラタラと精液を送ってた。

由美香の上で10分近くぐったり。

由美香も目を閉じたまま呼吸を荒げてた。

なんで妹とこんなことになってしまったのか?

俺のオナホールオナニーを由美香が見てしまったのが発端だ。

由美香、22歳。

身長146cmのチビ。

体重42Kgのスリムな体型でおっぱいはBカップ。

兄貴の俺、26歳。

身長183cmの長身。

陸上やってたから一応アスリート体型だ。

俺のペニスは元々勃起時で14cmしかなかった。

それで、某サプリメントを飲んだんだ。

半信半疑だったが、3ヶ月後には18cmに成長。

太さもしっかり太くなった。

亀頭も増大!!

ビックリするやら頼もしいやら。

正直、これで女と自信持ってやれる!って思った。

が、なかなかカノジョができなくてね。

増大したせいか精力も増した感じで、毎日1回は抜かないと辛かった。

そして、オナホールを通販で買った。

流行りの『名器』と名前がついたシリーズのものだ。

18cmを突っ込んでオナホールの奥(子宮口)にピッタリくっつけて子宮内射精を楽しんだ。

今までと違って子宮まで楽に届くのは嬉しかったよ。

そんなある土曜日の昼間、家族がいないのを確認して

自分の部屋でパソコンでAV見ながらせっせとオナホールで楽しんだんだ。

俺は妹の由美香が帰宅したのにまったく気が付かなかった!

由美香が隣の自分の部屋に行こうとしたら

俺の部屋から女の喘ぎ声が聞こえたってことで

『兄ちゃん、彼女とエッチ中?・・・ちょっと覗いてみようかな?』って

俺の部屋のドアを静かにちょっと開いて。

まさにその時、俺はオナホールに大量放出中。

絶頂状態で快感度マックスだから周りのことを感じなかった。

俺の股間にあるオナホール。

由美香は兄貴がオナニーでイッちゃってる顔を見てパニクッたらしい。

オナホール自体見たのは初めてだったから

最初は俺が何をやってるのか、何を使ってるのか判らなかったって。

そのまま黙って覗いてた。

俺は発射し終えて、オナホールからペニスを抜いて立ち上がってティッシュで拭いた。

2回戦やりたかったしね。

まだ勃起状態の18cmを由美香は見て愕然としたって。

『兄ちゃんの・・・凄い!あんなに大きくて太いなんて!!

嘘みたい!うわあ!!馬だわ!!』

2回戦目を初めて、せっせとオナホールでペニスを扱く俺を見続けたって。

ローションたっぷりのオナホールが動くたびにヌチャッっと音がして。

由美香は見続けているうちに、『なんか兄ちゃん可哀想・・・。

彼女いないのかな?オナニーで満足なのかな?

今度使ってるおもちゃ、こっそり見てみようっと!』と思ったって。

2回戦目が終わって。

俺がパンツとズボン穿いて・・・。

急いで音を立てないように由美香は自分の部屋に隠れたそうだ。

後日、由美香は俺がいない時に、こっそり俺の部屋に入ってオナホール発見。

で、色々見たそうだ。

指を入れて中の感触やら。

『へえぇ・・・中ってこんなになてるんだ。ふーん名器ってこういうのなんだ・・・

うわあ!ブツブツしてる!兄ちゃんこんなのが好きなんだ?』

まあ好奇心でってことなんだが、そのあと妹が思ったことが

常識はずれっていうか、普通なら考えないことだった。

『兄ちゃんのために私がこれで相手してあげよっかなぁ~』

数日後の夜、妹は俺の部屋のドアをノックした。

「兄ちゃん、話があるけど入っていい?」

「おう。いいぞ」

俺はパソコンでネットサーフィン中だったけどね。

入ってきてなんかモジモジしてる。

「どうした?なんだ?」

「え?う、うん・・・兄ちゃんってカノジョいる?」

「は?うーん、今はフリーだな。別れて半年するけど」

「そっかぁ。だから・・・あ!やばっ!」

「ん?だから?・・・なんだよ?何?」

「う、うぅーん。なんでもない」

「なんか変だぞ?由美香さぁ、なんだよ?」

「う、うん。あのね、見ちゃったんだ」

「何?」

「兄ちゃんが・・・アレしてるとこ。で、おもちゃだっけ?ってのも見ちゃった」

俺、その瞬間パニック。

まさか妹に見られたなんて、しかもオナホールでやってるとこを。

何も言えないというか茫然状態で由美香を見てた。

「兄ちゃん?あのね・・・びっくりだよね?ごめん。でもぉ・・・私さぁ

仕事で何度も男の人のアレやってるの見たことあるから驚かないよ。

兄ちゃんは変じゃないよ?普通だから気にしないで。ね?」

実は妹は新米看護師なんだわ。

しかも病棟看護師。

外来看護師ならば、まだそういう場面にブチ当たるなんてないんだろうけど。

「兄ちゃん・・・あのさ、アレ見せて?・・・オモチャ。見てみたい」

「な・・・な・・・な、何言ってんの?」

「いいでしょ?兄ちゃん恥ずかしがらないで。こんなの普通のことだもん。見せて?」

で、結局オナホールを見せた。

<続く>

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.