アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

嫁と愛人のダブル寝取られ旦那マンネリ解消

更新日:

大学時代から付き合ってる公衆便所嫁と結婚した男です。俺:29歳、身長178cm、体重78kg。
俗に言うゴリマッチョ、顔はフツメン。嫁:28歳、身長165cm、体重50kgくらい。
B102-W68-H98のムチムチ。顔は保田圭と花井美里を足して2で割ったような感じ。
簡単にこれまでの経緯を書くと以下のとおり。俺、大学で今の嫁と出会うも他にも沢山の女と
遊びたいので、嫁に「別れよう」と提案。嫁、それを拒否。

俺、嫁さんに「もっとエロくなってくれたら別れなくていいよ」と提案。

嫁、努力の末、便器化。

就職の後、結婚。

結婚後、しばらくは大人しくしてたが、お互いエッチが

好きなので乱交サークルに入会。

エロ活動に勤しむ。

そんなある日、大学時代の友人(女)から突然手紙が来た。

『久しぶりに遊ぼうよ!』という内容だったので早速遊んできた。

当時からケツの軽い女だった友人を仮に『ビッチ子』としよう。

ビッチ子は大学時代に5人くらいの男を渡り歩いていた

まあお手洗いくらいのレベルのビッチ。

見た目は昔とほとんど変わっていなかった。

身長160cm、B85-W60-H83くらい。

やや痩せ気味な感じ。

見た目は劣化版の長澤まさみみたいな感じ。

せっかくなので、デート後ホテルに運んでってハメ。

ちょうど嫁もお泊りの予定だったので

その日はラブホに泊って色々ビッチ子と話した。

話した内容を要約すると、「結婚を焦っている」

「奥さんと別れてあたしと結婚しようよ」とのこと。

そういうつもりは全然無かったんだけど、結婚を焦っているなら

手伝おうと思い立ち、嫁と一緒に出入りしてる乱交サークルに紹介してみた。

これが大ハマリしたようで、ビッチ子も常連化。

なんとなく旧知の俺とビッチ子は仲良くなり

嫁がいない時にはビッチ子を呼び出して使う仲に。

要は愛人化というわけ。

使い勝手のいい便所を手に入れてラッキー!くらいに思ってたんだが

しばらくすると嫁とビッチ子が意気投合し始めた。

休みの日に一緒に遊びに行ったりするような仲良しになってしまった為

必然的に俺もハブられることに。

そんな中、先日とある記念日が訪れたので久しぶりに嫁にサービスしようと思い立った。

二人で泊れるようにと都内の某ホテルのスイートを予約。

二人でゴージャスな夜を、というわけだ。

嫁さんにもそのスケジュールを話して

当日はお泊りや乱交の予定を入れないように念押ししておいた。

「◯◯のスイート取ってるからな!高いんだぞ!w」と。

で、当日は嫁と一緒にホテルのレストランで二人で食事をした。

いいムードで、部屋でまったりしよう!と意気込んで部屋へGO!

ところが部屋に入るとなぜか電気が点いていて人の気配が・・・。

(アレ?部屋間違えたか?)

そう思っていると嫁が、「こっちこっち!」と手を引っ張っていく。

部屋の奥には乱パで何度か見かけた男性陣が7~8人。

そしてなんとビッチ子まで!

みんなまだ服を着ていて

話によると仕事が終わってから駆けつけた人もいたとか。

既に空になったモエシャンドンが3本くらい転がってて

みんないい感じに盛り上がってる。

「記念日おめでとーー!!」

みんなから言われ、呆気に取られる俺。

ここで嫁がネタばらし。

「今日の日をみんなで祝おうと思ってみんな呼んでおいたんだー!

って、絶対それ、お前がヤリたいだけだろ!

と思ったが、せっかくなので、「お、おう!ありがとうな!」とお礼を言う俺。

そういえば久しぶりに嫁とビッチ子を一緒に見たな~なんて思ってると

誰かが部屋の電気を落とした。

開始の合図である。

みんな服を脱いだり、イソジンを出したり

瓶やグラスを片付けたりして用意を始めた。

(結局こうなるのか~)と思いながらもみんなに混じって服を脱ぐ俺。

女二人(嫁とビッチ子)しかいないけど、この人数で回るのかな~とか

思っていたところで、参加者の一人であるEさんに声を掛けられた。

Eさんは都内で麻酔医をやってる勤務医なんだが

本日は自分で合成した精力剤を持って来たとのこと。

(精力剤って、女二人しかおりませんがな!)とは思ったんだが

(男性9人いたら最低でも女性は4人は欲しいところ)

せっかくのご用意を無碍にするわけにもいかず、ご相伴に預かることに。

で、Eさんが出してきたのが巻きタバコ。

精力剤で・・・タバコ?なんか怪しい・・・。

そうは思ったが俺も好奇心の男。

さっそく火をつけてみることに。

違法系だったら匂いですぐわかるので

そういうのだったらやめようと思ったんだが、吸った感じは普通のタバコ。

肺で少し止めて吐き出す。

すると!!!

頭が痺れる感じがしてきて、周囲の音楽や人の動きが加速していく。

(しまった!やっぱり何かハーブだ!)と思ったんだが

ブリブリにキマってしまい、すぐには動けない。

俺がキマったのを確認したEさんが会場のみんなに何か言っている。

動けない俺をみんながイスに座らせて、キングサイズのベッド真正面に据える。

(お、見せ付ける気か!)とは思っても、身体がうまく動かない。

でもペニスは勃つ!

んな俺を横目に嫁とビッチ子に男性陣が群がり始めた。

Eさんが耳元で、「だいたい2時間くらいで元に戻りますから。それでは!」と囁いた。

(2時間このまんまかー!)と思いながらも、1人で5人を相手にしている嫁を眺める俺。

ペペローションが大量投入された嫁は、早速アナルでオッサンのペニスを咥え込んでいる。

後ろへの流し目で俺の様子を笑いながら見て喘いでいる。

楽しそうで何より。

そのうち口で咥えたり、性器に咥えたりしながらノリノリになっていく嫁。

ビッチ子も負けてはいない。

いや、正直数に負けていてちょっと困り顔になっているんだが

参加者の大学生の男の子が凄い勢いで性器に打ち込んでいるもんだから

逃げられないし、他の参加者もペニスを咥えさせようと髪をゆっくり掴んで口を移動させている。

楽しそうで何より・・・って俺が全然楽しくないことに気付いた!

俺、動けない!

獣のような嬌声を上げる二人。

凄く楽しそうな顔をして代わる代わる参加者の皆さんに中出しされていく。

そのうちEさんが嫁にタバコを渡した。

「ンゴッ!オオッ!」とか言って気分出してた嫁がそれを見てふと我に返り

嬉しそうな顔をする。

嬉々としてタバコを吸う嫁。

だんだん嫁の頭がグラグラしだして嫁の反応がヘロヘロになっていく。

嫁の身体の動きにキレがなくなってきたところで

新しいモエシャンドンを持ってきたオッサンがいた。

栓を抜くと、今度は手で蓋をして少しシャンパンを振る。

振ったシャンパンの瓶の口を嫁のマンコに入れてブシャー!

痙攣する嫁。

「中出しした性器もこれで綺麗になりましたなぁ」なんて声が聞こえる。

オッサンやるなあ。

とりあえず2周目とばかりに、またみんな嫁を抱きにかかる。

うつ伏せになってケツだけ上げてる嫁が、「う~ッう~ッ」と声を上げる。

嫁は『ハメ死は本望』と言っていたので、俺は(本願成就するかもしれないけど

死んだ後どう言い訳するか考えないとな~)とか

(死んだら会社の忌引き休暇って何日だっけ?)とか考え始めた。

ビッチ子はベッドから離れたところでダブル駅弁されている。

と思ったら顔は寝ている。

気絶しているようだった。

ビッチ子がアナルにブチこまれるたびに、「ウッウッ」とか言って潮が

ピュッと出るのを見て笑ってる参加者の皆さん方。

駅弁が終わると床に寝転がして上から次々に犯していく。

中出し、交代、中出しの単純作業。

やがてみんなひとしきりエキサイティングし終わって、休憩に入った。

嫁とビッチ子は完全に沈黙していて、性器とアナルからなんやら

良くわからない液を漏らしながらうつ伏せで突っ伏している。

ベッドと床は潮と酒でぐちゃぐちゃ。

なかなかナイスな光景だ。

ベッドに敷いていたバスタオルを取り替える皆さん。

「俺、フロントで新しいバスタオル貰ってきますわー」と言って

服を着た数人が部屋を出て行く。

俺、全然射精できてなくてちょっぴり不満だったんだが

なかなか新しい趣向に感心もしていた。

動けなかったけど。

しばらくして新しいバスタオルとミネラルウォーターを沢山持って

出稼ぎ組が帰還。

嫁に「はーい飲んでねー」とミネラルウォーターを飲ますEさん。

他のオッサン方も各々、嫁やビッチ子の性器やアナルを指でほじくりだす。

嫁はまだ意識がはっきりしないのか、指3本でグチョグチョやられて

潮を吹いたりしている。

次は尿道バイブで嫁とビッチ子の尿道を責めたり

浣腸器を持ち出してグリセリンを注入し始める皆さん。

「嫁さんは2リットルいけるそうですよ!w」

「マジですか、入れましょう!w」

とか声が聞こえてきて、嫁のアナルにグリセリン液が注入されていく。

1本終わって、2本目。

最後の方は少しこぼれていたが

グリセリンを注入された嫁にだんだんと意識が戻り始めた。

「あ、あたし、アナルストッパーは直径4cmないと抜けちゃうんで」

さっそくストッパーをぶち込まれて、再び皆さんのおもちゃにされる嫁。

「8人全員射精したらプラグ外しますんで頑張ってください!」とか

言われて、顔がトローンとしている。

俺とか、もはや見えてない様子。

嫁、よくぞそこまでのビッチに成長した!

ビッチ子も少し回復して、シャワーを浴びに行ったようだった。

まるで鳥葬でハゲワシにたかられるかのような嫁。

ビッチ子はシャワーから戻ってきて、あぶれたオッサンと何か喋っている。

そうこうしているうちに最後の一人が嫁に中出しをキメて

嫁のストッパーを外すカウントダウンが始まった。

「5!4!3!2!1!ゼロ!」

ブッピィ~!という晴れがましい音と共にぶちまけられるグリセリン液とウ〇〇。

嫁、またも痙攣して、ザーッ!という音を立てて沈黙。

俺もだんだんと身体の感覚が元に戻ってきた。

フラフラしながらも散らかった部屋の中を歩けるようになり

嫁が生きてることを確認。

「いや~、今回は大変楽しかったです!また宜しくお願いしますね~!」

なんて言ってまわりながら時計を見ると、もう午前4時じゃねーの!

その後、3人くらいは帰宅し、残りの皆さんで嫁とビッチ子を散々輪姦して楽しんだ。

後日談になるけど、今回のサプライズは嫁とビッチ子が二人で

仕組んだものだったそうで、乱パの参加者とみんなで何日もかけて企画したものだったらしい。

俺の知らないところでそんなことを話し合っていたなんて・・・と、

なぜか寝取られ魂を刺激される俺。

まさかの嫁と愛人のダブル寝取られで、久しくマンネリしていた

俺の気持ちも少し持ち直した。

それにしても嫁もかなりのツワモノになってしまったものだと思う。

最近では、乱パサークルに入ってからの経験人数が

1000人を超えたとかで、浣腸もお手の物。

サークルに入ってからだから、実質は1300~1400人くらいなのかな?

この嫁がどこまでいくか楽しみでしょうがないよ。

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.