アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

PTAの会合でママさんと急接近して肉体の快感を導き出した

更新日:

私と彼女の始まりはPTAだった私の通う学校で妻がPTAの役員を頼まれ
引き受ける事になりあるとき妻の代わりに私がPTAの会合に出席する事になりました
あるママさんが意見を求められそれに答えられずパニック状態になっていた
周りの委員のあまりに冷ややかな態度に私は違和感を感じ、正義感から
つい口出しをしてしまったそれは、PTA会合という名を借りた

大人のいじめに感じたからです

その場は問題なく

治まったと思ったんですが

PTAの会合が終わったあと

その虐められていたママさんから

お礼の挨拶があった

そのとき初めて

その人の名前が澤村と知った

隣の町から引越しして来て2年目で

PTAの役員にさせられたそう

そして、家の近くのコンビニで

午前中だけパート主婦として

働いていることも知った

私の家内とは対照的に

繊細な感じの子育てママさん

そして、PTA会合の出来事のおおすじは

妻に報告していた

妻の反応は、どちらかとゆうと

無関心な冷ややかな態度

私たちは、もともとが

転勤族でいろんな地域で

いろんな経験をしてきた

そのことが幸いして、

少々のことでは動じない度胸も

備わってきたのだろう

妻も地域に

適応する知恵は充分備わったいた

後日、私の知らないところで

とんでもない噂が広まっていた

その噂は妻を経由して

私の耳に入ってきた

そしてそれは

いじめへと発展していった

妻に聞いても意に介せずで

大丈夫としか言わなかった

しかし心配していたのは

私だけだった

次のPTAの会合のとき、

妻の出席で、何もなかったかのように

いじめも噂もなくなってしまった

娘に聞くと澤村さんも、

いじめた子も、みんなで

仲良く遊んでいると言う

妻にそのことを問いただしても

なにも答えなかった

ミステリアスな出来事だった

数日後、偶然にも仕事で

澤村さんの努めている

コンビニに仕事にいった

私の仕事は、コンビニで使用されている

機械のメンテナンス

お客様の流れも

一段落した時間帯だった

カウンター越に、

澤村さんが一人でいた

不思議なことに何か、

再会することを心待ちにしていた思いを感じた

今思えば、お互いが会って

もっと話したいことが

あったのだと思った

メンテナンスも終わり、

ちょうど澤村さんも午前中の仕事が

終わるところだった

引継ぎの交代が終わるのを待って、

コンビニの駐車場に止めている

車の中で話をした

恵子さんは最初にあった時と

印象がかなり違っていた

憑き物が落ちたように、

声も顔の表情も明るかった

そして饒舌だった

なぜか話が盛り上がって、

お互いがこのまま分かれるのは

惜しい気がした

そして、近くの食事どころをみつけて

食事をすることに

食事をしながら、

お互いの知りたかったことをすべて話した

私が転勤族であること。

どんなところを転勤してきたか

家族構成 年齢

出身地 趣味

とまるでお見合いみたいな話しから

妻との馴れ初め話まで

澤村さんにも同じ内容を

知ることができた

やはり年齢は若かった。

33歳の若妻ママさんだった

高校の頃からつきあってた彼氏が

今の旦那様だといっていた

〇学校の頃からの顔見知りで

幼馴染だそうだ

話の中でふと気になった事を思いだした

例の二人の噂といじめの件だ

やはり澤村さんの耳にも入っていた

一番悲しんだのは

娘さんのいじめだったそうだ

学校にも相談にいったそうだ

学校側は、

調査したがいじめはありませんと、

きっぱりと言われたそうだ

娘のことを思うと

最後の望みはPTAの会合のときに

みんなの前でいじめをしないで

欲しいと訴えることだと

硬い決意で出席したそうだ

その数週間は

耐えるしかなかったそうだ

そしてPTAの会合の日

信じられない事が起きたそうだ

PTAの会長、先生の挨拶が終わるやいなや

ある女性が立ち上がって

ぽつりぽつりと話し始めたそうだ

それは子供のいじめの話だった

次第にその言葉の迫力に、

誰も逆らう者はいなかったそうだ

先生ですら

何の言い訳も出来ないまま

その日の会合は終わったそうだ

その後、いじめはぴたりと

止んだそうだ

その女性とは、

どうも私の妻に間違いないようだ

心当たりが無いわけではなかった

私が若かりし頃、

大阪で働いていたときに

妻と知り合った

私には普通のOLにしか見えなかった

夜、飲み屋街に二人で飲みにいくと、

なぜか知らない男や

女性の人に挨拶をされた

私の友達から、

あるとき聞いたことがあった

お前の彼女、

昔はある暴走族連合の総長だったそうだぞ

確かめてみろ

それが本当であれば

確かに全国にネットワークが存在するはず

確かに今まで

一緒に生活してきた中で

思い当たることもあった

しかしそれが事実だったとしても、

2人で築き上げてきた現実を

見るしかないと思っている

余計な波風を立てることが、

二人を傷つけるのはわかりきっているから
その日は、お互いの携帯の

電話番号とメールの交換をして別れた

私の頭の中で、何かが

日に日に変わっていくのを感じていた

数週間が過ぎた、

ある日のことだった

電話をすることもメールをすることもなく、

気がつくと、会社の車で

澤村さんが働くコンビニの前にいた

窓越しに恵子さんを確認

12時を過ぎるのを待った。

コンビの裏口から出てきた

澤村さんに声をかけた

驚き、振り向いて見せた満面の笑顔は、

今でも忘れることができない

もしかして2人は、

時空を越えた前世では

恋人だったのではないかと

思うほど私たちは

お互いを求めていたように感じた

車でむかったのは澤村さんの家

どちらからともなく、

手を差し伸べて握りしめた

手によるスキンシップが、

これからの2人のすべてを語っていた

言葉は必要なかった

新興住宅街のなかの

いかにもマイホームといった

感じの新築の家

なんのためらいもなく、

2人は玄関から二階の寝室に向かった

もどかしげに抱き合って、

お互いの気持ちを確かめるかのように

永い接吻を交わした

積年の思いをぶつけるかのように、

徐々に激しい唾液の交換がはじまった

互いの思いに、言葉は必要なかった

思いは、大きな吐息となり

小さな部屋にこだました

早くあなたのすべてが

見たい

知りたい

そして一つになりたいと

心と身体が感じていた

私たちには理性など、

何の障害にもならなかった

私たちはまるで競争するかのように、

我先に着ているものを脱ぎ始めた

そこには、何の恥じらいもない全裸の姿で

同じ行為に向かう二つの姿があった

全裸で抱擁し、接吻しながら

お互いが口から唾液を流しはじめた

耳、首、うなじから脇

乳房へと舌に唾液を絡ませながら

まるで一つ一つの部位を

味わうかのように愛撫していった

その動きは、2人が何度も

経験したかのように見事に同期していた

お互いの性器への愛撫は、

見事なほどにピンポイントで

肉体の快感を導きだした

全身に感じるうねりが、

急激な波となって全身の痺れを促し続けた

不覚にも射精してしまった

澤村さんもまた

急激な快感の波に押し流されたように

大きな悲鳴をあげた

そしてコントロールできないからだの麻痺は、

断続的に腹部の反りを繰り返した

あごを突き出し、

正気を失ったその目には大粒の涙が溢れていた

唇で大粒の涙をすすりながら抱擁した

どれくらい経ったのだろう

時間の経過がわからなかった

ようやく治まった澤村さんの

身体に新たな変化がはじまった

抱きしめた身体から異常な熱を感じた

顔が上気して赤く染まった

その目の輝きが、

私を欲してることがわかった

ベッドの上で仰向けになって

開かれた裸体の中心に腰を落とした

澤村さんの両手が背中にまわされた

熱が伝わってくる

続けざまに両脚が絡みついてきて

深い進入をほどこした

澤村さんの口から初めて

言葉が発せられた。

「気持ちいい

こんなの初めて気持ちいい」

徐々に動き出した

私の腰の動きに呼応するかのように

自ら腰を動かしはじめた

あごを突き出し上気した顔は

私の耳元にいかに気持ちが

いいかをささやき続けた

「好き、大好き、もっと愛して

もっと気持ちよくして」

私の動きも限界に近づいてきた

そのことは澤村さんも

察知していたのだろう

そのことを伝える前に

腰にからみつかせた両脚の足首を交差させて

体が離れるのを妨害した

あろうことか上半身を

反えらせて完全に密着してしまった

このままきて、このまま来て

もう死んでもいい~あぁ~イクぅ~承太郎様~」

悲鳴に近い叫び声とともに、

澤村さんの膣内に精液を放出した

膣内の不規則な収縮によって、

一滴も残すまいとしぼり出される

大きな快感を味わった

ベットに敷かれたシーツの

汚れを見たとき

あらためて2人の情事の

激しさを知らされた

車を運転しながら

帰社する途中不思議なことを思い出した

澤村さんが、あの行為の時に

叫んだ人の名前だ

昔の恋人か?旦那の名前か?

それにしては古臭い名前だった

なんだろう

やはり前世では、

つながっていたのだろうか

私は夢うつつのまま

車を走らせた。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.