アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

30歳の主婦だけど只今高校生と不倫中

更新日:

30歳の主婦だけど、パート先の高校生と不倫中結婚して7年目30歳の主婦です。
ダンナは年上の38歳で、よくネットやママ友との会話で不倫話を聞きますが
まさか自分が浮気するとは夢にも思ってませんでした。
でも、ちょっとしたきっかけからハマッてしまいました。相手はパート先のバイトの高校3年生。
私もさすがにビックリしたんですが、「好きです、付き合って下さい」って告白されちゃったんです。

自分で言うのも変だけど、2つ3つくらい若く見られる私。

もちろん、「あたし、結婚して子供もいるおばさんよ」って断ったんですが

3日後に真っ赤な薔薇の花を1本持ってきて、「1度でいいからデートして下さい」って言われて

なんか可愛くて(1回ぐらいイイかなっ!)ってOKしてしまいました。

よくそんな気になったね?って聞かれそうですが、女は花に弱いのよ。

それに年下は嫌いじゃないし、顔はTOKIOの国分君タイプで、背も高くて可愛いんです。

んで、デートはとりあえず軽く食事して、映画観て、カラオケして帰ってくるつもりだった。

高校生と話が合うか心配してたんだけど、彼って意外としっかり屋さんみたいで

結構話も合って気に入っちゃったの。

だからって言ったら変なんだけど、カラオケボックスで彼の正面に座って曲を選んでいた時に

ふっと彼の視線を感じたんです。

結婚して以来、ましてや10歳近くも年下の男の子とデートするなんて初めてだし

一応私は25歳ってことになってるので、頑張って若造りして、かなり胸元の開いた服に

持ってる中で一番短いスカートを穿いてったから、見えちゃってたみたい。

すぐにピンときて、黙ってればいいものを、「あー、エッチ」って言っちゃったの。

彼、真っ赤になって否定したんだけど、どう見ても股間が少し膨れてる感じ(そこも可愛い)。

それに私も飲めないくせにビールなんて飲んだものでほろ酔い気分。

それがそもそもの間違いで、なんだかいじめちゃいたくなったの。

それと・・・、最近ダンナはめっきり弱くなっちゃって、全然構ってくれないのが

大胆な行動に走った理由なのかも。

今度はわざと見えるように脚を組み替えたり、屈んだり、デュエットでは手を組んで彼の手がわざと

胸やお尻に触れるように挑発したんです。

最初は見て見ぬフリをしているんですけど、チラッ、チラッと熱い視線を

送ってくるのがわかりました。

そしてもっと大胆に彼の横にピッタリくっついて・・・。

「彼女いないの?」

「いない」

「じゃあ、女の子と付き合った事は?」

「無い」

「ウソ!カッコイイのに?」

「ウソじゃないよ。ホントにないんだもん」

「じゃぁ、こんな事したことないの?」

キスしてあげて、胸に手を持って行ったの。

彼ったらカチカチの硬直状態。

可愛いそれから手を添えたまま回すように触らせてあげたんだけど

そのうち手が自分で動くようになって、私もさらにもっと大胆に・・・。

「直に触ってみたい?」

「えっ、いや、そんな」

なんて言いながら、彼の手を服の中へ入れてあげました。

最近の高校生は童貞君とは言え、なかなか上手なものです。

思わず、「そう、そう」なんて言ってしまった。

ブラの上からだけど、指先で乳首を転がされた時には思わず、「あん」なんて漏らしちゃった。

そのうちブラの中に指が進入して、乳首を集中攻撃されたらもうたまんなくなって・・・。

「エッチしたいの?」

「う、うん」

「ココじゃダメだから、ホテル行く?」

「うん」

てな訳で近くのラブホテルに私の車で直行してしまいました。

彼のせいにしたけど、ホントは私がしたくなっちゃってた。

土曜日の午後なのでホテルは大入り満員、大盛況。

入れ違いで1台出て行ったので、とりあえずその部屋の駐車スペースへ。

ホテルまでの車の中、彼の手はずっと私のブラの中でした。

乳首を摘んだり、コリコリしたり・・・。

だから私の頭はとっくにピンクモード。

車を停めるなり、「ねぇ、ブラ取って!」「吸って!」って命令してました。

服を首までたくし上げて、彼がむしゃぶり付いてきました。

ぎこちないのは確かなんですが、最近味わった事がない激しさと、

絶対に“筋が良い”と思える舌使いで、待ち時間がもどかしく感じました。

しばらくして部屋のランプがつき、いよいよお部屋へ。

しばらくご無沙汰してるのと、さっきまでので火が付いてるのとで

部屋に入った途端、私から抱きついてキスしながらベッドに押し倒してしまいました。

でも、普通ならここからは何もしなくてもいいんでしょうけど、彼のビックリした顔を見て

(彼、初めてなんだっけ)って思い出した。

私も初めての人を相手にする(筆おろしって言うんだっけ?)のは初体験。

てな訳で、どうしようって、考えていても仕方ないから、とりあえず

「お風呂に入ろう」ってことで、彼の手を引いてバスルームへ。

お互いのを脱がせっこしてシャワーを浴びました。

当然、触りっこしながらイチャイチャしてたんですが、でも、すごい・・・。

一応私は洗う事を目的に来たんですが、ずーっと元気な彼を見てたら

もう我慢できなくなって、「ねぇ、ちょっとだけ・・・」なんて言いながら食べちゃいました。

(ああぁん、幸せ・・・)

なんて思いながら5、6回モゴモゴしてたら「うーーっ、ダメだー」の声と共にドバァっと発射。

量も勢いも凄まじかったから、全部はゴックンできませんでした。

お風呂から出て私が先にベッドに入り、(さて、思う存分いただこう・・・)と彼をご招待しました。

いざベッドインすると、彼ったらさっき爆発したばかりなのに、もうピンピン・・・。

でも、手を出してこないんですよ。

「そんなに固くならないで・・・」って熱~いキス。

「ここなら好きなようにしていいよ、でも、優しくしないと女は感じないの・・・」

なんてお姉さんしながらも、彼のしたいように任せてみました。

お約束で、まずおっぱいからコネコネ、チュパチュパされてたんだけど、多少慣れたからなのか

最近の高校生はAVなんかでお勉強しているからなのか、なかなかなものです。

(結構上手、拍手!)

でも、なかなか手が下に下りて来ないから、「ここが1番感じる所なの・・・」って手を持っていって、「そこ、そこ」とか「そこを震わせて・・・」とか言うんだけどなかなか当たらないの。

やっぱりAVだと肝心なところはモザイクなのでよく判らないみたい・・・。

「じゃあ、ちゃんと教えてあげるね」

彼の前でゆっくり脚を広げて、大人の女を鑑賞をさせてあげました。

刺さるような彼の視線を浴びてると、恥ずかしいんだけどダンナでは味わえない

何か違った気持ちになって、もうグッショリ潤ってくるのがわかりました。

「ちゃんと見てるぅ?」

「ピンクの・・・(ホントかなぁ?)、濡れて光ってる」

「ヤダァ、感想はいいのぉ」

なんて言いながらも、ますます感じて濡れてしまう自分が恐い・・・。

彼の顔がだんだん私の股間の奥に入ってきて、荒い息遣いが聞こえる・・・。

すると、恐る恐る触れてきました。

すぐに指が入ってきて、「お姉さん、ヌルヌルしてる・・・、クチュクチュ音がするよ」なんて

超恥ずかしい事を言いながら出し入れするから(初めてのクセに生意気、でも気持ちイイ!)

知らず知らずに腰振っちゃうし、自分でアソコ広げて、「ここ舐めて」なんて命令してました。

私も焦れったくなってるから、「ねぇ、いい事してあげる」って彼の顔に跨がって

シックスナインの体勢になりました。

彼はそんなつもりは無いと思いますが、私にしてみると、すごく焦らされてるみたいで

彼には申し訳ありませんが、彼の顔はグチョグチョになったはずです。

いつものように先っぽからペロペロして、パックリ咥えて2、3回シコシコ・・・。

彼の舌技に期待しながらシックスナイン体勢を続けると、そのうち彼もコツを掴んだのか

私の弱いところ(やっぱり声が漏れちゃうから・・・)を集中攻撃。

もうどうにも我慢できなくなって、さっさとゴム被せて、上に跨がって彼を迎えました。

(やっぱりおっきい・・・)

「あーーーーーーーーぁん・・・」

なんて情けない声が漏れてしまいます。

先生が、「いっぱい出たねー」と言ってティッシュで拭いてくれました。

僕は先生の体を抱き締めて、強引にベッドに寝かせました。

先生の口を奪おうとすると、「だーめ」と、また断られてしまいました。

僕は先生の体をきつく抱き寄せました。

おっぱいの感触は気持ちいいのですが、毛がちくちくして痒かったです。

僕はもう一度キスをしようと顔を向けました。

そして強引に口を重ねました。

舌は入れませんでしたが、何度も口を重ね合いました。

そして僕は眠ってしまいました。

気付くと、僕は一人でした。

先生は帰ってしまったようです。

翌週、先生の来る予定の日になりました。

僕は遊びでおっぱいを触ったり、キスをしたりしてやろうと思っていました。

しかし、「風邪で休み」との連絡が家庭教師派遣の事務所から来ました。

嫌な予感がしました。

次の予定の日も、風邪ということでした。

そしてその後、事務所から電話があり、「先生は長期で体調を崩し

このお仕事を辞めるという事になったので別の人を紹介します」と

連絡がありました。

それから一ヶ月くらいしてから、先生から以下のような手紙が届きました。

手紙を読んでからは心にぽっかり穴が開いてしまったようでした。

『DEARしんじ君。

突然のお手紙ごめんなさい。

そして突然辞めちゃってごめんなさい。

しんじ君は私がいない方が勉強がはかどると思います。

もっともっと勉強して、立派な人間になってください。

しんじ君は真面目だし、かっこいいし、頭もいいので、将来はきっといい男になってると思います。

もしかしたら今後、もう2度と逢うことはないのかもしれません。

でもきっとあなたは数年後、きっとこの日本のどこかで活躍してると思います。

そんなしんじ君の姿が目に浮かぶようです。

私は家庭教師のお仕事を辞めます。

私には向いてないようです。

でも、絶対に自分を責めないでください。

私が自分で決めたことで、しんじ君のせいではありません。

お馬鹿な私にはこれ以上の方法が見つかりませんでした。

サヨナラも言えないままでしたので、感謝の気持ちをこめて

「今までありがとうございました」とお礼をさせていただきます。

私はいつまでも、しんじ君が素敵な夢に向かって頑張って

いけるよう心からお祈りいたします。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2020 All Rights Reserved.