アクセスランキング

パコパコしたぁ~いお姉さんが大好きです

エロい体験談

OL フェラ レイプ 不倫 人妻 寝取られ 巨尻 熟女 異物挿入 近親相姦

オナニーを覚えた私は初体験も済ませました

更新日:

私の町内会は近所付き合いが頻繁で、顔見知りの人達ばかりでした。
高学年になると、子供達で親が帰る迄遊び、近所の家に出入りしていました。うちも共働きで母は
昼は保険会社、夜は友人のお店の手伝い。父も週に3回は午前様でした。
私が遊びに行った家は、30くらいのお兄さんがいて猫が居たので良く行きました。
友達も行きました。ある時、1人でお邪魔した時。
『おにーちゃん、猫見せて~』と裏庭から家へ行きました。

田舎ので、敷地も広いです。大きな松の木があり、お庭は鬱蒼としていました。

私は庭に入り、お兄さんが来るのを待っていたら中で変な声が聞こえました。

聞いた事のない声です。

私はそっとお兄さんの部屋を覗くと、お兄さんはテレビを見ていました。私に気づいたお兄さんは

慌ててを消しました。音が

小さかったけど、女性の高い悲鳴に似た声は覚えています。

お兄さんは、冷静を装いながら、部屋に入れました。

慌ててジーンズのベルトを直してました。

何をしていたかは分かりません。

当時私は5年生でした。

『おにーちゃん、猫ちゃんは?どこ??』

その日猫に会えませんでした。

『今、おにーちゃんのこと見た?』

音しか聞こえていなくて、画面は見えませんでした。お兄さんがしていたことも

分かりません。私は首をかしげました。お兄さ

んは、見られたか気にしていた様です。

数日後、遊びに行きました。

庭にお兄さんがいました。

行くとベランダは閉まって、表の玄関から入りました。

お兄さんは私が一人と確認し、鍵を閉めました。部屋に上がると、部屋の漫画を読みました。

その日も猫はいませんでした。

『A子ちゃんは、好きな子はいるの?』

『いない』

『キスしたことない?』

『うん。ないよ』

そんな話をしました。嫌な子の話や、先生の話はしたけど、恋愛話はありません。

『おにーちゃん教えてあげようか?』

そう言ってお兄さんの口が重なりました。

ビックリしましたが息が苦しくて、お兄さんの背中を叩きました。

『苦しい、息吸えないよ?』

そしてもう一度キスをして、今度は短く唇を吸う様に。舌がチロチロと中に入りました。

不思議なでした。人には絶対に言って

はいけないと思いました。

イケナイコト・・・

それから、毎日お兄さんの家へ行きました。一人の時は必ず鍵を閉めました。

毎日行くのが楽しみでした。しばらくキスだけ

でした。キスは気持ち良くて私の方から、

『キスして~』とねだりしました。

ある時、ベットの下からエッチな漫画を見つけました。

あ、見ちゃった!という感覚になりました。と同時に、興味がわきました。

『そういうこと、してみたいの?』

エッチな漫画を見ていたことが恥ずかくて・・・

『じゃぁ、今日はキス以外のこともしよう』

お兄さんは私にキスをしました。

舌を口の中に入れて舌をチュッと吸います。

そしてパンツの上から触りました。

驚いて、思わず足を閉じました。

『大丈夫だよ。優しく触るね。ここは優しく弄ってあげないとね』

優しくニッコリ微笑みながら、私の足を開かせました。

『汚れてる。〇〇〇もするし』

『大丈夫。おにーちゃんが優しくきれいにしてあげるね』

最初は上からクニクニと指で触りました。

触られて、キスをされていたら、パンツがしっとりしてきました。

『冷たくなっちゃう。脱いじゃおう』

そう言って、脱がされました。

私は小柄で細い方でした。生理もまだです。でもお兄さんに弄られ、濡れました。

お兄さんは嬉しそうでした。

太い指で弄られました。

クリを弄られてここは気持ちいい場所だよ。と教えてくれました。

溢れてくるお汁をクリに塗って優しく擦ってくれました。

『お兄ちゃん、変な気分』

お兄ちゃんにしがみつき、いっぱい擦られて私はイッてしまいました。

身体がビクビクなりました。

『いい子だね。今、ビクビクってなったよね。』

お兄さんは嬉しそうでした。

『変な気分で気持ちいい』

私は毎晩のように自分でも触るようになりました。

オナニーの仕方を教わったのです。

オナニーの報告もしました。お兄さんにしてもらう事が好きでした。

自分で触るより気持ち良かったです。その内、数回イク事

を覚えました。

お兄さんは、私の濡れてベタベタになった所を舐める様になりました。

最初は拭いていたのが、舐める様になりました。

ベットで脚を開いて、必ずお兄さんは

『キレイにするね。ティッシュが切らしたから』

ベットの下にあるのを知っていましたが、私は、舐められるのが好きでした。

クリを舐められると、指で弄られる以上に気持ち良く、ゾクゾクしました。

そんな日が1年半近く過ぎました。

夏休みに入り、祖父の家へ行きました。帰ってきて、お兄さんの家へ行くと、留守でした。

近所のおばさんから、引っ越したと

いう話を聞きました。ショックでした。

お兄さんの親の会社が倒産したそうです。二度とそのお兄さんに

会うことはなくなりましたがあの経験を忘れる事ができません。

>>mottomiru

>>mottomiru

>>mottomiru

-OL, フェラ, レイプ, 不倫, 人妻, 寝取られ, 巨尻, 熟女, 異物挿入, 近親相姦

Copyright© エロい体験談 , 2019 All Rights Reserved.